« コネタマに乗っかって | トップページ | 竜ヶ峠を守る会 »

里山農業

はあーいpaper
ワクワク7ですhappy02

先日の日曜日は、朝7時から自治区内にある公園の清掃をやり、車を洗い、そして楽農村が借りている矢持町(里山)の畑に行って来ました。

猿対策用ネットが、外れていると慎ちゃん情報なので現場を見に行きました。

2009816_6







   





この写真がビフォー状態です。

青い細い棒をダンポールと言うのですが、これが雨・風で3ヶ所ビニールテープで留めてある部分が取れてしまい、二股状態になってネットが外れています。

スモーカー小林が、インターネットや各機関に連絡をして調べあげたものでしたが、実際に設置してみて、初めて問題箇所が見えてきました。

これで、経験値が1ポイント増えましたscissorshappy01

当日は、sun晴れたりcloud曇ったりしていました。

ハネアリが以上に多く、それを食べる為なのかトンボが大量に飛んでいました。

sun太陽の光が、まるでimpactビームimpactのようで暑かったですcoldsweats02sweat01

そんな時、普通の心を持ったワクワク5(ワクワク7の中に共存するワクワク5です)が言うんです。

「暑いよ~wobblysweat01 しんどいよ~sadsweat02」って・・・。

そこへ超プラス思考のワクワク7が

「これって楽しいんじゃないsign02 これをちゃんと直したら見栄え良くなるんじゃないsign02」ってwink

何回も何回もワクワク7が言うもんだから、ワクワク5も修理作業が楽しくなって来ました。

「もう少しここをこうやったら、しっかり固定出来るんじゃないsign02」とか小さな意見やアイデェアが生まれて来ました。

こうなってくると、impactビームのようなsun太陽光線の暑さの中の、里山の風が心地wink良く感じられて来ました。

「自然の中での作業っていいなぁ~happy02

2009816_8














で、こんな感じ。

ちょっと写真では、分からないかな?

結構、自分では感動的に修復出来たつもりです。

一反の畑4辺の内の、一辺を修復しました。

さあこれで、雨・風が来て大丈夫なら一安心です。

日本の農作業は、大変だと思います。

でも里山での農作業は、鳥獣被害があるので平地より格段に大変です。

現地の農家の人に「ここでの農作業は命をかけなければ出来ない」と言われた意味を実感する事が、今なら出来ます。

里山で米を栽培している人は、鹿やイノシシの夜間巡回をし、朝の5時からは猿被害防止の巡回を夫婦交代でやっています。

「そんなに大変だったら里山の農業は辞めたら?」と思うでしょう。

でも里山で収穫した米って、最高に美味しいんですsign03

同じ地域でも、少しでも標高の高いところで収穫した米は美味いんですhappy02

三重県でも美味い米が有名な場所は、標高が平地より高めの地域ですからね。

僕がお米を食べる時に、美味しさの良し悪しを知るには冷めたご飯が一番sign03

炊きたてが一番美味しいけれど、熱過ぎて微妙な良し悪しが分からなくなる時がある。

でも冷めれば、本当に深い味わいまで分かっちゃいます。

里山で、鳥獣被害と戦いながら色んな特産農品を栽培したい。

それと里山の美味しい水で、同じ伊勢市内でも究極の美味しい米を残していきたい。

生産率が低くなるけど・・・。

そこが里山農業のこだわりとチャレンジなんですsmile

|

« コネタマに乗っかって | トップページ | 竜ヶ峠を守る会 »

里山農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243911/31004002

この記事へのトラックバック一覧です: 里山農業:

« コネタマに乗っかって | トップページ | 竜ヶ峠を守る会 »