« 竜ヶ峠周遊ルート!? | トップページ | 成功前の氣付き(1) »

じゃんぼ七草粥祭り

深夜1時のワクワク7 です(゚m゚*)

昨日もわくわくし過ぎて寝不足のまま、朝6時半に慎ちゃんに車で迎えに来てもらい松阪市柚原町にある「うきさとむら」に『じゃんぼ七草粥祭り』のお手伝いにボランティアで行って来ました。

昨年の『うきさと夏祭り 』でもお世話になった場所です。

2010221ca390096

僕らは主に高い場所に設置する看板類の貼り付け作業を手伝いました。
2010221ca390062_2
まだ殆んどお客さんが来ていません。
今日は、晴れるようですがどれぐらいの来場者数なのでしょうか?
2010221ca390063_2

みんな準備中・・・。

2010221ca390064

2010221ca390065

2010221ca390066

少しづつ、祭り担当者が集まりだしました。

2010221ca390067

午前9時になっていよいよ祭りがスタート。

「うきさとむら」代表の西井さんのあいさつ。

後は松阪市長さんなどがあいさつをしました。

2010221ca390069

川原には焼き芋の準備中。

2010221ca390070

午前11時半からの無料振舞い七草粥も準備中。

2010221ca390071

2010221ca390072

常滑焼の販売準備も整いました。

個性豊かな焼物ばかりです(゚▽゚*)

2010221ca390074

2010221ca390075

うきさとむら店舗前では、早起き市がスタート!

すごい人です(lll゚Д゚)

慎ちゃんも早めに買い物をしようとしましたが、レジ前に人が並び過ぎて商品を購入することが出来ませんでした(^-^;

2010221ca390078

2010221ca390079

忙しくなる前に食券を買って「トーフぜんざい」と「若どりのからあげ」を食べました。

2010221ca390081

2010221ca390082

「細雪うどん」の食券も買っていたので食べようと思い、店舗内に入って待っていると「早く誰か焼きそばを手伝ってあげて!」と言われ外に出で見てビックリ!

人!人!人!ですΣ(゚□゚(゚□゚*)

この山奥のうきさとむらにどこから人が湧いたのか!?

小俣町からも知合いの夫婦が来ていました。

2010221ca390083

新聞やテレビ取材の人たちまで来ていて取材をしていました。

しかしこの「うきさとむら」はお金が無いからと諦めないで、ここの資材のほとんどが貰ったり借りたりしているものばかりで成り立っています。

今の楽農村の現状を思うと、とても励みになり勉強になります!

2010221ca390084

午前11時半になるとウジャウジャ人が集まって来て、長蛇の列が出来ていました∑(゚∇゚|||)

2010221ca390089

あとで頂いた、七草粥は、とてもホッとする味付けで美味しかったです(*^.^*)

2010221ca390090

午後1時を過ぎると客足も一段落。

うきさとむら店舗内に入ると三重県伊勢農林水産商工環境事務所の農地課長の田垣さんから名古屋から来ていた特定非営利活動法人 起業支援ネットの事務推進局長の西井さんという女性を紹介して頂きました。なんでも近々住まいと仕事の拠点の中心をうきさとむらに持ってくるそうな。古民家を借りて住みたいらしい。何だかわくわくする人が増えてきて楽しくなって来ました(≧∇≦)

その後、うきさとむら代表の西井さんのお孫さんで中3になる裕穂ちゃんと慎ちゃんと一緒に、うきさとむら隣にあるログハウス「ぽんぽこ山」でコーヒーセットを頂きました。

とても天気が良かったので、ログハウスのウッドデッキでコーヒーセットを頂いていると、とてものんびりして癒されました(*´Д`*)

2010221ca390093

2010221ca390092

2010221ca390091

その後お祭りも終了し、スタッフ全員で焼きそばや若どりからあげをお腹いっぱい頂きましたヾ(´ε`*)ゝ

2010221ca390095

2010221ca390094

そこで隣に座った慎ちゃんと同じ歳の大台町(旧 宮川村)からボランティアに来ていた林業を営んでいる坂本さん(男性)と知合い意気投合!

帰る途中、多気にあるオレンジスタイルというお洒落なレストランでお茶しながらボーイズトーク?をしました。

2010221ca390097

坂本さんは林業にとても熱い思い入れがある人です。

彼の整備した山を来月中には見学することとなり、横輪町&矢持町の森林整備にも協力してくれると約束してくれました。

それと坂本さんの凄いところは、帰りがけに「必ず連絡下さいね!すぐに行動しましょう!」の言葉が心強く感動しました。

動いていると、どんなに高い講習会や講演会を聞いたり学んだりするよりも、素晴らしい出会いがあると再確認しました。

新しいフィールドへの一歩が自分を変えてくれます。

 

|

« 竜ヶ峠周遊ルート!? | トップページ | 成功前の氣付き(1) »

お祭り」カテゴリの記事

コメント

いつの間に 笑

投稿: 裕穂 | 2010年2月22日 (月) 14時05分

美し国三重のマラソンが開催されてたのに、こんなに賑わったんですね。
里山はそれだけ注目されてるってことですね。
僕はあいにく会議室に缶詰になり行けなくて残念でした。
でも西井さんだらけでややこしかったsign02

次回はぜひ参加します!

投稿: トラベラー西井 | 2010年2月22日 (月) 14時15分

裕穂ちゃんコメントありがとう。
たぶん楽農村ブログに遊びに来てくれた、最年少記録になるんじゃないかな。
裕穂ちゃんのお祖父ちゃん、お祖母ちゃんは凄い人なんだよん。
たぶんお祭りなどの準備を手伝っているから知っているとは思うけど、ワクワク7なんか憧れの存在だからね。
全国にも自慢出来るよん。

トラベラー西井も、来年には会議室の缶詰状態から開放されれば、この感動に出会えるよん。
感動の場所には、感動の出会いも待ってるからね。
来年が楽しみだね(ノ∀`)・゚・。
西井さんが最低5人になるしね。

投稿: ワクワク7 | 2010年2月24日 (水) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243911/33480969

この記事へのトラックバック一覧です: じゃんぼ七草粥祭り:

« 竜ヶ峠周遊ルート!? | トップページ | 成功前の氣付き(1) »