« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

間伐整備森林見学~山は死んでいる~

本日2度目の人生サイコーのワクワク7 ですヽ(´▽`)/

昨日の3月28日(日)は、慎ちゃんと一緒に大台町(旧 宮川村)の山奥へ間伐整備森林見学に行って来ました。

道行く途中の車内で、現場周辺に近づくと花粉症のぼくのクシャミが止まりません。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
目までショボ、ショボして来ました。
周辺は、どこを見渡しても杉山だらけなので、仕方有りません(;´▽`A``
覚悟を決めて待ち合わせ場所の奥伊勢フォレストピア に向かいました。

現地では既に、うきとむらのじゃんぼ七草粥祭り で知り合った坂本さんと、彼の勤めている藤原林業 取締役の藤原さんまで待っていてくれていました。

その待ち合わせ場所から藤原さんの車に同乗させて頂き、更に奥の山に向かいました。

到着した山は、藤原さんたちが間伐整備した山でした。

間伐整備には、半分以上の木を間伐します。

山の所有者は、山一つを所有しているのではなく、碁盤の目のように一つの山に複数の所有者がいます。

何故に手付かずになるかと言うと、昔の思いがあるからだそうです。
昔は木を一本切り出すだけで、日当が稼げたそうです。
その木を半分間伐するので「もったいない」と言われ整備させてもらえないそうです。
その費用は、国の助成金で賄われて地主は一円も出費がいらないのに整備しないそうです。
ですので、下記の手前が間伐整備している所で奥の山が手付かずの山になります。
2010328_ca390023

2010328_ca390042

整備が進むと、今まで無かった小川が出現するそうです。
2010328_ca390019
蛍も乱舞するようになります。
蛍はエサとなるカワニナが居なければ、別のものを食べるそうです。
しかし整備がなされていない山では、そのエサさえも無くなってしまうらしいです。

そしてその綺麗な水の小川にワサビを一つ植えると自然と増えていきます。
その水は、勿論ガブガブと飲める綺麗な水です。
2010328_ca390014
クレソンを少しだけ植えると、すぐに増えていきます。

2010328_ca390015
間伐した杉の木は、運べる場所であれば、下記の写真のような機械でワイヤーに吊り下げて、トラックの入れる道まで運び出します。

2010328_ca390051

2010328_ca390047  
助成金はとても少ない為、切り出しが困難な場所は放置されます。
一円でも売れるものだけど、切り出すのに手間も費用も掛かるし、人手も少ないので市場ではあまり出回らないそうです。

放置された杉の木や切り株には新しい生命が誕生したり、十年もするとスポンジのように柔らかく、ボロボロと崩れていきます。
2010328_ca390025

2010328_ca390036
整備された山の中を歩いているうちに、あることに氣が付きました!
クシャミ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみが一切ありませんw(゚o゚)w
それに、山を歩くとすぐに疲れて足の膝が笑うのにそんなこともおこらない。
そのことを藤原さんに言うと、間伐整備されていない山の杉は死に掛けも同じ。
だからせめて子孫を多く残そうと花粉を大量に撒き散らすのだとか。
間伐整備されていると日光も当たるし、栄養も取り合わないので成長する方にパワーを使うので花粉が少ないそうです。
これで今までの疑問が解けました!
「何故、昔の人やぼくの小さいころには花粉症という言葉が一般では聞こえてこないんだろう?」という疑問の答えがこれで分かりました。

それと山を歩いていて疲れ難いのは、目的地が見えるので下ばかり見て歩いていないからだそうです。
そう言えば以前、山歩きで下ばかり見て歩いていたので腰を引いてカッコ悪い歩き方をトラベラー西井に注意されていました。

それから移動をくり返しながら進んで行くと、藤原さんと一緒にやっている「NPO法人 がんばれ、大台」代表の直井さんと出会いました。
そして同じ仲間の70歳過ぎで林業現役の男性も合流し、山奥で6名の男性が滅茶苦茶、熱く語り合っていました。
とても勇ましい光景です。
2010328_ca390050
今の日本の山が死んでいるのは、ここでも天下り団体が壁になっているそうです。
そのせいで、林業関係者でさえも無知な人が増えてしまうそうです。
この山が死ねば、水も飲めなくなるし、環境破壊が一気に加速するし、海の生態系にも大きく影響してきます。
この感覚は、実際に間伐整備した山に登らないと分からないです。
そしてこの間伐整備された山々に今まで以上の生命が誕生している現場に遭遇しないと実感出来ないと実感しました。

そして現在、間伐!間伐!と言っていても、ここまで大胆に間伐する技術や知識のある業者や団体は少ないそうです。

楽農村は、このような活動が盛んになるように手助けが出来ればと考えています。

本当にこの連日、人生サイコー!な人たちと出遭ってテンション上がりっぱなしでワクワクしっぱなしです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙(*゚∀゚)=3
ぱなしは有りって話です(*^m^)♪:;;;:♪:;;;:♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010横輪桜まつり前夜祭

今日も人生サイコーなワクワク7 ですヽ(´▽`)/

3月27日(土)午後5時半から音しゃい祭り実行委員会主催の「一二三と縁」という前夜祭が開催されていました。

2010横輪桜まつりの詳しいスケジュールはこちら に記載されています。

4月11日(日)まで開催しています。

今回、楽農村からスモーカー小林と慎ちゃんと共に、仕事終了の19時過ぎに横輪町へお手伝いに出掛けました。

開催地に到着すると、人の姿がまばら・・・。
前夜祭の告知が遅れた為に、祭り関係者の人たちだけのようでした。
しかしスタッフも全員、お客さんになって賑やかに音楽と光の祭典が開催されていました。

駐車場広場には、出店テントと桜の形どったキャンドルが展示してありました。
2010327_ca390005
若い人たちがとても多かったので、少し尻込みをしていましたが、情熱には年齢差は関係なく、すぐに夢の話(実際に近いうちの話)でヒートアップしました。

地元の方に「この人、面白いよ」と紹介されたのが鈴鹿市からフォルクスワーゲン・バスを移動店舗にしている彫金師の赤塚賢一郎さんを紹介して頂きました。

彼は、ぼくより10歳も若いのですがとても熱い人で、すぐに意気投合!
里山で底冷えする野外で23時過ぎまで語り合いました。
2010327_ca390006
とても大変な「花」をテーマにした作品が多かったです。
それと銀とガラスのコラボした作品にチャレンジしていました。
そんな彫金師は国内に2名しかいないそうです。
2010327_ca390007

2010327_ca390010

2010327_ca390008

中には、とても珍しい両目で見る万華鏡メガネもありました。
2010327_ca390009

別れ際に「もし良ければ、この作品を貰って下さい」と一つ数万数千円もするペンダントを頂きました。
とても気になっていたお気に入りの作品です。
2010328_ca390054
彼に「ぼくは、何もあげるモノが無いよ(そんな大金もありません)」と言うと、自分の拳で、自分の心臓の部分を叩いて「ここに熱いモノを頂きました!」と、とても粋なことを言ってくれました。
カッコ良過ぎです(ノ∀`)・゚・。

アグレッシブに動いていたら、彼との再会はそう遠い日ではないと思っています。
再会し、お互い更に夢に近づいていることが楽しみです。

近年、本当に最高な出会いに恵まれているので感謝の気持ちでいっぱいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域活性化とは?

こんにちはヽ(´▽`)/
ワクワク7 です!

楽農村活動を通して、ず―――と「地域活性化って何だ?」と疑問に感じていた。

伊勢市は特には観光がメイン。
当然、観光地として栄えれば街も活気付く。
でも第一段階では、観光関連事業をしている人だけ。
特産品が売れても、その会社だけ。
勿論、そのおかげで雇用も少し増える。

楽農村がやっている里山活性化も里山だけ。
街中の人たちには、一部の自然を愛する人たち以外は興味が無いこと。

地域全員が活性化するのはありえない。

しかし底上げすることは、可能なのではないのか?と常日頃から考えていた。

今朝、ひらめいた!!(゚ロ゚屮)屮

詳細は、まとまっていないので書き切れないけれどヒントがみつかった。

そのまんまの「みんなで」だ。

全員が活性化するわけでは無いのに、ヒントが「みんなで」だったのだ。

このヒントに辿り着くまで小俣町商工会青年部活動や勉強会から始まり、勢農会、美し国おこし・三重や各講演会参加や人に会いに行く作業、何気ないテレビや雑誌の地域活性化情報を全部通して「みんなで」のヒントに巡り会った。

それをどういう風に行動に移すのか、具体的には分かっていない。
でも「みんなで」のヒントが、方向性を示してくれている。

ああ、どうしよう。
ワクワクが止まらない!(/ー\*)

何気ない小さな活動を重ねていくことで「みんなで」の大きなウェーブを完成することが出来ると確信しちゃいました。

細かい楽農村活動を遠くの視点から見ていて下さい。
数年後に大きな「みんなで」というパズルが完成しますから(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成功前の氣付き(4)

※成功前の氣付きを初めて読まれる方は【『はじめの』はじめに 】と【はじめに 】をお読み下さい。

【言い訳をしよう!】

今回は勉強=知識取得方法の氣付きです。

『自分が感じている以上に、自分には才能がある。自分が思っている以上に物事を知らない』

自分には出来ないと思っている身近な事は、案外出来るもの。
自分には出来るだろうと思って飛び出すと準備不足だということに氣付くという氣付きです。

まずは考え方の勉強。
「そんなの精神論だ!」という方がいますが、それも一理です。
でもやっぱり考え方と言うのが適切かな?
モノの見方と言うのか・・・。
ぼく的には『逆転プラス発想』と言っています。
今までの自分では一歩を踏み出すのが精一杯だったのだから、遥か先を歩いている人たちの考え方を身に付けた方が早道だと思っています。
海での心得を知らない海をなめている人が、航海出来ないのと同じです。

近年、各分野のセミナーが存在します。
現在、若くで成功している人たちの中にはセミナーをフル活用している人たちも少なくはありません。
一日セミナー。
連日セミナー。
泊り込みセミナーなど多種多様です。
セミナー参加料も数千円から数十万円と幅広く設定されています。

講演会のDVDなども3,500円前後で発売されています。

成功者の本も何百冊と出版されています。

さて勉強するには、多くの時間とお金がかかります。
数十万円の宿泊セミナーは、本当に凄い内容だと思います。
参加出来る人は参加してみましょう。
但し、無理はしても無茶はいけません。
仕事を休むと他のスタッフやお客さまに迷惑を掛けるのにセミナー参加をしたり、家計が火の車なのに講演会関連商品を買い漁ったりしてはナンセンスです。

でもセミナーや講演会、本などは知識取得方法情報としては最適なのです。
では、どうしたら良いのか?

それは、ここでしっかりと自分に言い訳することです!
中途半端な言い訳はダメです。

例えば、セミナーの日程が仕事の日時と重なったとします。
これは参加することが出来ません。
ですが、遊びなら遊休を取ってでも遊びに行くというのは、中途半端な言い訳になります。

講演会のDVDや成功者の本を買うお金が無くても、ゲームを買うお金があるという言い訳も中途半端な言い訳です。

しっかりとした言い訳を重ねていくことで、自分が使える時間や予算が分かってきます。

講演会に行きたいけれどお金が無い場合はどのようにするのか?
そんな場合は、地元商工会や商工会議所などで会員以外でも参加出来る無料又は低参加料金の講演会や勉強会などに参加してみましょう。
また市町村での情報を見ていると、そのような無料又は低参加料金講演会やセミナーを開催する時があるので、地元情報はしっかりと把握しておきましょう。

成功者の本などでも数冊もまとまって購入すると、けっこうな金額になってしまいます。
このような本の数を読むのも大切ですが、いかに著者の氣持ちに近づくかが重要だと思います。

一冊熟読法です!
その本で氣に入った文章やページに印を付けます。
そしてそれをノートに箇条書きに書き出して、箇条書きに書き出した部分を読んだだけで、その部分を説明出来るようにします。
それと氣に入ったフレーズを書き出して、色んな場面に応じて使っていきます。
他の人に話をする、伝えるという作業をします。
書く→話す→自分の耳でもう一度聞く。
そうすることによって、その本のフレーズなどを自分のものとなります。

基本、DVDも書き出して、日常場面に応じて話をして伝える作業をします。

ぼくの場合、参加した講演会が身になったかならないかは、講演会最後の質疑応答が出来るか出来ないかで判断します。
講演する側の人も質疑応答が有るか無いかで、その講演会の評価を判断するそうです。
質疑応答をすると言うことは、しっかりと話の内容を聞いていたかどうか。
その内容を自分自身に置き換えられたかどうか。
現在、自分の行動に対して客観的に見ることが出来れば、必ず疑問や悩むことが出てくるので、そこを講演会を通して見つけ出すことが出来たかどうかを判断することが出来ます。

昔から講演会の類には「今日は、良い話をありがとうございました。」と言うだけで何もしない謎の人物が存在します。
講演会マニアかセミナーマニアな人たちです。
参加しただけで満足してしまい、数をこなすことに生きがいを感じる人たちです。
それも有りと言えば有りなんですが「成功前の氣付き」の内容では微妙に違ってきます。
成功者のフレーズをよく知っている人も同じです。
知っていても使いきれていなければ、高級なゴルフクラブセットを持っていながら、打ちっぱなししか行かない人と同じです。

そして最後に、講演会の講師と名刺交換をします。
自分より雲の上だと感じる人と会話をするのは、始めは苦痛になるかもしれません。
しかしいつまでも居心地の良い場所から早くステップアップするには、少し居心地の悪い場所も必要です。
名刺交換なら数十秒から数分間の間なので、良い練習になります。
それから手紙やメールを出して、返信があれば人脈が一氣に広がります。

あとは自分の夢の先輩達に会いまくりに行くことです。
生きた意見やアドバイスを頂けます。
時間が短くても会う回数が信頼に変わります。
勿論、情熱と誠意が必須です。

「自分の夢を勉強することは必要だけど、時間やお金が無いから出来ない」という言い訳はしっかり細かくしておきましょう。
その言い訳の後に「じゃあ、どうすれば良いのだろう?」と付け加えることが大切です。
出来ないけれど、やってみたい!参加したい!学びたい!の氣持ちが大切になってきます。
言い訳だけして諦めるのはチャンチャンです。
言い訳をして諦めないのが、成功前の氣付きなのです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬野菜教室終了

みなさん、こんばんは。

慎ちゃんです。happy01

昨日の、黄砂は、ひどかったですね・・・shock

その内に、日本でも、黄砂の健康被害が、大きく

取り上げられるように、なるかもしれませんね・・・・・・。coldsweats02

そんな黄砂のひどい中、私は勢農会で取り組んでいる、

冬野菜教室に参加してきました。

朝の、配達を終えてから、畑へ直行。

速く着いたので、少しドラゴンボールを見ながら、

少し時間を、つぶしました。delicious

冬野菜教室も、今回が最後となるので、残っている野菜を、

全て抜き取り、処分しました。(少しもったいないけれど・・)crying

野菜が植わっていた畑を、一ヶ月後には、稲作学校の田として

使うので、残った野菜を一緒に耕すと、野菜が腐ってしまって、土壌に

悪影響を、与えてしまうとの事です。

最後に、先生の大仲さんから、ご挨拶があり、今期の冬野菜教室の

締め括りとなりました。karaoke

今月末には、新年度の稲作学校と、夏野菜教室の抽選をして、

勢農会として、準備にかからなければなりません。

私も、子供達と参加するのを、楽しみにしています。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成功前の氣付き(3)

成功前の氣付き(3)  

 

 『成功前の氣付き』を初めて読まれる方は【『はじめに』のはじめに 】と【はじめに 】をお読み下さい。

 

【成功の定義】

 

僕は色んな、誰も氣にも留めない事まで「何でだろ~?」と考えるタイプです。

 

「成功って何?」ってずっと前から考えています。

 

成功は立ち止まらないことだけは、氣付きました。

 

残念ながら成功前の自分では、まだ成功の定義の答えが出ていません。

ですので、この「成功の定義」を読んで、みなさんの自分なりの「成功の定義」を考えてみて下さい。

 

「成功者のイメージは?」と聞かれると以前までは、お金持ちってイメージでした。

お金持ち=成功者なら分かりやすい。

自分で決めた、夢見た月収や年収に達すれば成功なのですから。

でもそれなら成功に立ち止まってしまうようで・・・。

「その時になれば、また目標金額を決めたらいいじゃん。」って言われるかもしれませんが、これから書く内容を読むと考え込んでしまいます。

 

お金を成功とした話ではないのですが、こんな面白い話がありました。

ある外国の大学生の運動部に所属しているアンケートの結果です。

「ステロイドを使用すれば試合に勝てる。もしくはチームの一員になれるものの、5年後には身体を壊すと分かっていても薬を使いますか?」という質問に対して、殆んど全員がYesと答えた。

「5年以内に死ぬと分かっているとしたら?」という問いには65%の学生がYesと答えたのでした。

 

このアンケートを読むと、この場合の成功は「自分自身の為の成功」なのでしょう。

「記録」や「順位」という分かりやすい目標(夢)に対しての行動や努力の選択肢の結果なのだと思います。

 

学生アンケートの話を客観的に見ると自殺行為です。

でも当事者の学生たちは真剣な考えなはずです。

 

前回の「夢」に関しての話と並行しますが、夢や目標が出来たら「何故そうしたいのか?」を付け加えると、自分自身の成功の基準が自然に決まるような氣がします。

その先に何を求めているのかも氣付くのかもしれません。

そうすることによって、自分の夢や目標が破壊的なものなのか、継続的に続く又は繋げていけるものなのかの判断がつくと思われます。

 

「成功前の氣付き」という題名にも拘らず、実は僕の夢は成功しないようになっています。

 

この場合は「成功」=「完成」とします。

「完成しない夢」なんです。

 

夢が終わるのが嫌なんです。

完成すると燃え尽き症候群になるんです。

 

僕の夢の行為は「つくる」が基本になります。

 

「衣・食・住・アートの村をつくる」

 

「半自給自足の循環型の村のシステムをつくる」

 

「パーマカルチャーな環境をつくる」

 

「プラス思考の仲間が集う場所をつくる」

 

「情報発信地域をつくる」

 

などなどです。

 

つくってしまうと完成で終わるのですが、全ての夢が変化をさせて進化させれるものばかりです。

 

僕たち楽農村メンバーの中の決まり事で「ベンツは買わない!」というものがあります。

決してベンツが嫌いではないし、ベンツが悪者と言う意味ではありません。

ベンツの良さなら営業マンほど語れます。

それほどベンツは魅力ある車です。

楽農村の場合は、ベンツを購入出来るような身分になれば、みんなで買おうと言う意味です。

代表者や社長1人がベンツを買うと、資金がそこだけに集中してしまう。

最初は希望の光にもなるが、妬みの対象にもなる諸刃の剣。

だったらみんなで買えるようになるまで、みんなで頑張ろうということです。

豪華な海外旅行に1人で行くよりも、仲間全員で行く方が楽しいよねってことです。

今なら高級車より高性能トラクターの方が欲しいです。

トラクターはベンツ級に高価な代物ですから。

 

 

成功について、下記のような非常に考え深い昔の人の言葉があります。

 

「わたしたちは皆、自分や家族を顧みるためにお金を必要とします。問題なのは、金銭に対する愛です。実際、そのような愛を抱くと、お金が主人もしくは神になってしまいます。」

 

「働く者は食べることが少なくても多くても、快く眠る。しかし飽き足りるほどの富は、人に眠ることをゆるさない」

 

「金銭を愛するものは金銭に満足しない」

 

「屏風も広げ過ぎると倒れる」

 

先人の教えには数多くの経験から生まれています。

参考にするべき言葉だと思います。

 

「成功の定義」は、成功もしていない現段階の僕には大変大きなテーマなのかもしれません。

 

成功者が、これを読んで笑うのかもしれません。

 

成功の定義は、一つではないのかもしれません。

 

ただ成功前に氣付いたことは、各自自分自身の成功の定義を考えることは大切だということだけ氣付いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高の贈り物

わくわくのワクワク7 です(≧∇≦)

昨日は、地元中学の卒業式。
夕方、県外に行ってしまう中学卒業生男子が最後の治療に来た。
その時に、今まで先生にお世話になったのでと言ってあるものを頂きました。
それは・・・。
なななななんと彼のサイン入り色紙なんです!
大大大爆笑(*≧m≦*)!
でもその大爆笑は最高の意味!
色紙には「“継続は力なり”JAPAN KENTA」と書いてあります。
これは彼がオリンピック代表になるという意思表示なんです。
治療室に飾っておこうっと!
凄いよ本当。
夢は自分の中に閉じ込めておくと叶わない。
他人に語ってこそ、後には引けなくなる。
それが夢の第一歩なんです。

さて昨晩は、21時から美し国おこし三重の個別座談会の日。
楽農村は、スモーカー小林と慎ちゃんにワクワク7が参加しました。
2010316_ca390005
今回決めたことは拠点をつくること。
これに対し美し国おこし三重側も、楽農村も課題をクリアにしていくのが目標。
そして拠点をつくる。
これには資金がいる。
それも解決していく。
拠点が出来れば、今までやってきたこと、学んだこと、出会いが全て、池の波紋のように広がっていくはず。

過疎化が進行している地域には、色んな目に見えない問題が山積している。
その問題を知るにも、コミュニケーションをとって信頼を得るにも、まずは現場に足を運び、地元住民と会うことが大切。
これが第一の解決方法。
そしてそこに拠点を置くこと。
事務所を置いたり、住んでみたり。

昨日は子どもたちの旅立ちと楽農村の一歩前進を心底感じた一日でした。
伊勢志摩は、何だか最高に面白くなりそうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根から政治まで・・・

みなさん、こんばんは。

慎ちゃんです。

伊勢市は、小雨が降っています。

窓越しの、雨音もいいものですね・・・

昨日の、14日(日)は、勢農会の代表の、大仲さんの元へ

お手伝いに行ってきました。

私の他に、2人の外国人の青年が、手伝いに来てくれていました。

大仲さんの、お家に着くと、早速採りたてのヨモギで、ヨモギ餅をついて

いました。

柔らかいうちに、おばあさんが摘んできたヨモギで、御餅をついて、

商品にすると、いち早く店頭に並ぶので、よく売れるそうです。

ストーブをしまう前に、店頭に出さないと、売れ行きが良くないのだ・・・

ヨモギ餅が済んだら、次は軽トラックに乗って、畑に移動・・・

大量の、青首大根を引っこ抜いた・・・

青首大根は、この時期になると(花が咲き出すと)硬くなり、

売り物にならないらしい。

そこで、捨てるのはもったいないので、抜いて葉っぱを落して、

切干大根にして売るのだ。

青首大根を、軽トラックに2台分積んで、葉っぱを落して、

大きな樽の中で、水洗いをして、機械で切干大根にするのだ。

残念ながら、私のお手伝いはここまで・・・

藤田大助衆議院議員との、昼食会に参加する約束でした。

会場に行ってみると、10人ほどの、同世代で頑張っているであろう、

人達が集められていました。

その中には、神奈川県から、藤田君の同期の衆議院議員、三村和也さんが、

参加されていました。

1時間程の、昼食会でしたが、少し突っ込んだ意見も言わせていただき、

良い時間を、共有出来たと思います。

昼食会の後は、伊勢神宮の正式参拝に、皆さん行かれました。

日本の政治が、泥舟のようにも、感じる報道が多い中、本当に若い

政治家の皆さんには、大いに責任感と緊張感を持って、日本の

舵取りを、お願いしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月度第1回青年部会

ふぁ~いワクワク7 ですヾ(´ε`*)ゝ

先日アップしました『成功前の氣付き 』シリーズを読んで、熱いコメントまで頂きありがとうございました。
「夢」という題材は、本当に一番自分の中で重要な部分だったので長文となってしまいました。
その次に続く題材も、自分なりの納得いく解釈に悩み続けていたものですので、もう少しだけワクワク7のみなさんに伝えたい気持ちにお付き合い下さい。

さて3月13日(土)は、小俣町商工会青年部 の会議が19時から開催されていました。
ワクワク7は仕事の関係で一時間弱程遅れての参加でした。

僕が到着した時には、小俣町商工会青年部会員である床ノ木窯 代表 川西泰二郎 氏(以後 泰二郎さん)を講師に『民芸とは・・・』の講演が始まっていました。

2010313_ca390002

泰二郎さんの補助として、小俣町商工会青年部員のふじた大助 (衆議委員議員 民主党三重県第5区総支部長 以後 大ちゃん)が久しぶりの参加をしてくれていました。

「用の美」「雑器」「民芸運動」について2人に熱く語って頂きました。

2010313_ca390003
上の写真は、泰二郎作品のほんの一部。
これ以上に味のある作品が並べられていました。
http://mall.cau1.com/t/gallerybien3174/item3855409.html
https://sv50.wadax.ne.jp/~gallerybien-com/62_490.html

そこにワクワク7と坂本くんが参戦。
「これでもか!」と言うほどヒートアップしましたΣ(`0´*)(`0´*)

国会議員になった大ちゃんも、こんな地元青年部に以前と変わりなく論議してくれました。 

泰二郎さんも大ちゃんも「民芸を題材に、こんな展開になるとは・・・」と疲れきっていました。

その後は、大ちゃんの地元事務所に集まり、夜更けまで国政についてや地元問題について熱く語り合いました。
こんな地元の若い人たちや、地元密着型の若い国会議員を見ていると伊勢志摩地域の未来にワクワクしているのは僕だけでしょうか(*^m^)

2010313_ca390004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成功前の氣付き(2)

 『成功前の氣付き』を初めて読まれる方は【『はじめに』のはじめに 】と【はじめに】をお読み下さい。

 

【夢はドラマティック】

 

以前、テレビ番組で痴呆症の徘徊(はいかい・目的も無く歩き回ること)の研究・治療をしている脳外科医の先生が「人間は夢を追って生きる動物です。若い間に夢や目標を達成しては、また次の夢や目標を見つけてチャレンジすることをしていないと、痴呆症などになったときに、夢の造り方やチャレンジのやり方が分からなくて徘徊してしまうのかもしれません。」と言っていたのが印象深い話でした。

 

僕が大阪の病院のリハビリ科で勤務していた時の話です。

女のお孫さんが三ヵ月後に結婚式をするので歩けるようにしてほしいという、ほとんど寝たきりのお婆さんが入院して来ました。

普段は車椅子での生活。

立って歩けたとしても歩行器の補助がないと歩けない状態。

病院の長い廊下を歩行器で歩くのも30分以上もかかってしまいます。

お孫さんの花嫁姿を熱望するので、それから毎日歩行訓練をしました。

その時にお婆ちゃんの家族にもお願いしたことは「お孫さんの結婚式が素晴らしくて楽しくなるね」という話を沢山してあげて下さいとお願いしました。

楽しい孫の結婚式をイメージさせながら歩行訓練を続けました。

すると結婚式の一週間前ぐらいになると、安全の為に杖をついてでの歩行になりますが、歩くのに30分以上掛かった同じ廊下を約3分で歩けるようになりました。

無事、そのお婆ちゃんは孫の結婚式に出席することが出来て大変喜んでくれました。

しかしこの話には後日談があって、結婚式が終わった数日後には以前より酷い寝たきりになってしまったそうです。

 

もう一人、寝たきりの痴呆症のお婆ちゃんがいました。

ベットから起き上がるのもやっとで、立つことは出来ませんでした。

ある日突然「自転車に乗りたい!」と言い出しました。

内心「ええー!無茶な!」です。

でもそのお婆ちゃんは、それから毎日自転車に乗りたいと言うので「じゃあ、自転車に乗ってどこ行こうか?」と楽しく会話をしながらリハビリ訓練をしました。

今まで嫌がっていたリハビリ訓練も、楽しく会話しながら少しづつ続けていきました。

このお婆ちゃんの結末は、自転車に乗ることは出来ませんでした。

外に出ることもありませんでした。

ただ、普通に歩くことは出来るようになったのです。

そのお婆ちゃんにとっての自転車に乗るという夢のハードルは、高すぎたのかもしれません。

しかし、普通ではその下のハードルは軽々と跳べるようになったのです。

そのお婆ちゃんのハードルは、まず「ベットから起き上がる」

→「立ち上がる」

→「しばらく立っている」

→「歩く」

→「長い間歩く」

→「日常生活が出来る歩きが出来る」

→「自転車に乗る」でした。

「ベットから起き上がる」ことさえ出来なかったお婆ちゃんは、自転車に乗ることは出来ませんでしたが、夢が出来たおかげで何段階も上まで成長することが出来たのです。

 

ぼくは、小学校3年生の時に大阪から転校して来ました。

話す言葉が大阪弁と言うことで、いじめられっ子に。

近くにある第一級河川の宮川にも突き落とされました。

ある土曜日の帰りに、学校の裏庭に20~30人が、ぼくをいじめるのに待ち構えていて一斉に追いかけられました。

登校拒否寸前でも学校は行きました。


同じ小学校3年生の時、心筋炎という病気で入院しました。

走ってもいないのに脈拍が一分間に120回もありました。

風呂に入ったりするとめまいがします。

中学校でテニス部に入ってランニングをすると学校周辺を2周ぐらいで倒れてしまうのです。

マラソン大会の時には「この生徒は要注意!」という目印に、ピンクの鉢巻きをして走らされました。

 

小学校高学年から中学では、アトピー性皮膚炎になりました。

当時、血液検査でIgE(RIST)という検査をしました。

IgEの正常値はありませんが、そのかわりに成人では「標準値」というものがあり、これは170とか、250IU/ml以下ということになっています。

この数値が、5,120IU/mlもありました。

今でも26歳当時の4,632IU/mlという検査結果が残っています。

このような数値になると全身をかきむしります。

布団のシーツは、いつも人がたに血だらけ。

体毛という体毛が、かきむしるので無くなってしまいます。

眉毛もスネ毛も腋毛も無くなってしまいます。

その結果、汗腺までも詰まらせてしまいます。

少し暖かくなる5月ぐらいには、汗の出る汗腺が詰まってしまい水脹れ状態に皮膚がなってしまいます。

そして体温調節が出来なくなり倒れるのです。

 

平成10年には原因不明の激頭痛と225/130という超高血圧で、大阪大学付属病院(日本初の移植手術をしたところ)に一ヶ月間入院しました。

最後まで原因不明でしたが、今で言う躁鬱(そううつ)病だとも言われました。

超高血圧の爆弾は、今でも持っています。

 

結婚直前に親の会社(工場)が倒産しました。

家族崩壊でした。

 

今でもこの時代の荒波に飲み込まれています。

 

でも夢いっぱいです!

夢に過去は一切関係ありません!

病気自慢や不幸自慢も屁のカッパ!

夢って言葉が照れくさかったら将来の目標だと思って下さい。

僕がよく例え話をするのが、冬の雨降る夜に5㎞先の駅に歩いてある人に傘を届けてと頼まれたとします。

スボンや服がビチャビチャになって冷たいです。

夜なので疲れていて眠いです。

そんな頼まれごとなんて、嫌に決まっています。

でも傘を届けるその人が、アタッシュケースを持っていて、その中いっぱいに1万円札がぎっしり積み込まれています。

御礼にそのアタッシュケースを貰っても良いのです。

そのお金は好きなように使えるのです。

お金という言葉が嫌いな人は、どこでも行けるフリーパス券でもいいです。

どうですか?

同じ冬の雨降る夜も楽しくなりませんか?

 

「お金持ちになりたい!」「高級外車に乗りたい!」という夢を持つ人も多いでしょう。僕自身も以前はそうでした。

そんな時に出会った言葉が「お金は後からついてくる」です。

イチローは成功者です。

お金持ちでもあります。

しかし彼が幼いころから「成功者になりたい」「お金持ちになりたい」と思ったでしょうか?

そう「メジャーリーガーになりたい!」です。

日本人の主な流れは、日本プロ野球選手になってメジャーリーガーになるです。

そうすると必然的に一流選手になっているということになります。

その段階でプロ野球選手でありながら「成功者」で「お金持ち」なんです。

 

今まで「お金持ちになりたい!」とか「高級車に乗りたい!」だけの夢の人はあまり

その夢が叶っていないことに氣が付きました。

「何でかな~?」って考えました。

夢って自分がどうなりたいかを考えることだと結論付けました。

自分は「お金」にもなれないし「高級車」にもなれないんです。

イチローのように「メジャーリーガーになりたい!」と自分自身がどうなりたいと夢見ることがポイントなんです。

 

夢をみると失敗を恐れる人がいます。

そんな人は「失敗」を「練習」と読んでみて下さい。

「プロ野球選手になりたい!」いう少年が、リトルリーグの練習試合で負けたからって失敗になりますか?

バッティングセンターで空振りをしたから、失敗したからプロ野球選手にはなれないと言いますか?

そうなんです!

失敗というのは悪魔のささやきなんです。

まぼろし、まぼろし。

失敗したら「練習!練習!」って言ってみるんです。

「失敗は成功のもと」と言うでしょう。

「練習は成功のもと」なんです。

「たくさん失敗した人程、成功する」と松下幸之助さんも言っていました。

その意味がピンとこなかったら「たくさん練習した人程、成功する」って思って下さい。

これなら納得だと思います。

僕は「失敗」は「練習」だと氣付きました。

目標としていた試合に負けたとします。

本人はそれを「失敗した」と思っているでしょうか?

「悔しい」と思っても「失敗した」とは思わないはずです。

「失敗したから負けた」と思う人はいるでしょう。

その不得意な部分を練習が不十分だったので負けただけなのです。

だから次の試合は、今よりも強くなっている自分がいるはずです。

 

夢は自由なんです。

神様が与えてくれた唯一の自由なんです。

どんなに病気をしても、どんなに貧乏でも、どんなに幼くても、どんなにおじさん・おばさんでも、どんなに年を取っていても夢見る時期や大きさは自由なんです。

その夢を誰かと話し合って下さい。

楽しくなります。

夢にも夢素人があります。

初めての夢は小さいです。

不完全です。

夢を沢山持って、語って、行動に起こして夢のプロになりましょう!

夢は、自分の可能性や出会う人、行動の量で変化していきます。

勿論、明確な目標にして突き進んでいく人も大勢います。

自由に変化して、今の自分よりも高い場所に連れて行ってくれる夢もあります。

夢に決まったパターンはありません。

夢見ることも、その先も夢は自由なんです。

 

「なかなかチャンスがないんだよね・・・。」と言われる人がいます。

だからって、その人が悪い訳ではありません。

それは成功者の既成概念の言葉に縛られているから動けなくなってしまうのです。

よく「人生たった数回のチャンスを見逃すな!」っていう成功者がいます。

それも悪魔のささやきです。

全ての人がイキイキとしてもらったら困るからです。

チャンスは雨あられの様に降り注いでいるのです。

それを「ミナイ」という傘で、チャンスの雨を避けているのです。

チャンスは雨の様に小さいものです。

お膳立てされているチャンスはありません。

小さな種のようなチャンスに水をやって、肥料をやって、育てていくのは、自分自身の強い鮮明な夢の思いなんです。

そしてたくさんの仲間や巡り会う人たちが、剪定をしたり獣害などから守ってくれます。

 

こんなに偉そうなことを書いている僕は、まだまだ夢の入り口です。

ただ自分の夢が出来て、語り合う仲間がいて、動いてみたら素晴らしい人との出会いの奇跡があって、夢が広がっているだけなんです。

夢は決して利益をもたらすものばかりではありません。


僕の場合、その夢による収入は、まだありません。

高級車もありません。

逆に夢の為に車売りました。

現在は、嫁さんとの共同の軽自動車一台です。

それでも夢に向かって一歩一歩進んだだけで、これだけの「夢」に関しての氣付きがありました。

色んな出来事がありますが、最初は小さな夢が出発なんです。

夢のドラマの始まりです。

その夢ドラマがウキウキワクワクします。

普通の日常生活のドラマって面白くもなんともないでしょう。

だから夢が出来ると自分の人生ドラマが面白くなるんです。

ハラハラドキドキもありますが、それ全部を含めてワクワクしてきます。

夢はドラマティックなんです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第16回勢農会

最近、文章を書く事に異常に興味のあるワクワク7 です( ´艸`)

昨夜はワクワク7とスモカー小林と慎ちゃんで、勢農会会議に参加しました。

一般の伊勢稲作学校の人たちの参加もあり、開催時間が19時からと一時間早くに行なわれました。
僕とスモーカー小林は閉店時間の関係で、一時間程遅れての参加でした。

着いてホワイトボードを見てビックリ!

201039_ca390001
びっしりと稲作学校の予定と夏野菜学校の予定が書き出されていました。
日曜日ごとに栽培体験やらイベントも同時に行なわれるようです。

201039_ca390003
隣に座っていた東くんが、伊勢市地域活性化委員会からの派生型で地域密着型の旅行企画会社を設立するようです。
旅行業務も色んな資格が必要となってくるそうなので、その代行業務をするとなれば各地域活性化委員会も活用することが多いと思います。
まだ詳しい内容は知りませんが、年内前期頃には業務開始をするそうです。
僕らよりも若い人たちが、地域活性化をしているとワクワクしてきます(゚▽゚*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エキサイティングΣ(`0´*)

はあああ~あ、なワクワク7 です(´ρ`)
やっと確定申告終わりました・・・。
今年こそは、2~3ヶ月に一度は、入力するぞ!と思うのですが、いつも夏休みの宿題を月末やるタイプでして・・・。
いけませんね~。
おじさんになっても成長するぞ!と心に誓うワクワク7です。

さて、昨日は横輪町の桂林寺で厄落としによる餅まきがありました。
あいにくの雨模様で、寺の中でブルーシートを敷いての餅まきとなりました。
ワクワク7は、嫁さんと娘を連れて行きました。
雨降る中、町外の人たちもいました。

まずは、中村区長のあいさつ。

201037_ca390105_2

挨拶が終わると厄年の人たちが、餅やお菓子をまき始めました。

なんとお餅は固いままΣ(゚□゚(゚□゚*)
嫁さんや娘の頭に直撃(/□≦、)*
写真を撮っていた携帯にも直撃し、写真はブレまくり(ノ_-。)

201037_ca390106_3

今まで、餅まきやお菓子まきは、まく側だったので拾ったことはありません。
まいている時は正直「あさましい・・・」と思っていましたが、いざ拾う側になるとあさましさ全開でした(≧ヘ≦);

エキサイティング!

楽しいヽ(´▽`)/

あんなに町外のものだからと遠慮していた嫁さんが「来年は前の方に行くぞ!」と意欲を燃やしていました\(*`∧´)/

結果、戦利品はエコバックいっぱいになりました(*^m^)
201037_ca390109_2

さて、やっと日々の暮らしが落ち着いてきたワクワク7。
カテゴリーの『成功前の氣付き 』を約束通りの週1で連載していきます。
先週は、忙し過ぎて約束を破ってしまいました。
さほど楽しみにしている人はいないかと思いますが、自分自身の心の足跡を残していきたいと思っています。
次回のテーマは【夢はドラマティック!】です。
いわゆる『夢』について書きます。
本当に大切なテーマなので次回は、アホほど長文になると思います。
しっかりと付いて来て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域活性化の講習会に行ってきました。

みなさん、こんばんは。paper

慎ちゃんです。

昨日の金曜日は、小俣町商工会から私とワクワク7、そしてトラベラー西井が

玉城町商工会で行われた、若手後継者等育成事業の講習会、

《「コミュニティービジネスによる地域活性化」講師・イング総合研究所の

斉藤俊幸さん。》を受講してきました。pencilcoldsweats01

感想は、とても面白かったです。shineheart04bomb

全国の事例を挙げて、具体的に海外で取り組んできた事も交えて、

判りやすく、お話をしてくれました。

フードデザートの解決法としての、コミュニティービジネスのあり方、

創発から自立型の、コミュニティービジネスの取り組みの成功例が

全国に沢山ある事が解りました。flair

ガレージワイン等、意外と安価での取り組みが、可能である事が解りました。flair

個人的には、高知海洋高校の取り組みが、とても興味があります。happy01

地元でも、このような取り組みが、楽農村から発信する!!

そんな思いを抱きつつ、行動に移す事を心に決めて、

慎ちゃん宣言といたします・・・punch

(なお、これは、楽農村の全体責任です・・・sign02

冗談はさて置き・・

斉藤先生が公演の最後に、「是非、今日の話を聞いて、なるほどそうか!と

思うだけではなく、行動に移して下さい」

と言われました・・・

そうなのです・・、頭で解っていても、なかなか行動に移せる物ではありません、

でも、今回のお話を聞いて、上手に行動に移せる糸口を、

教えていただいたような気がします。

横の繋がり(異業種の仲間)と、専門家の知識を上手に集めて、

ワクワクする事を、やって行きたいと思います。happy01

世の中は、面白い事だらけですよ・・・・・flairflairimpact

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »