« 第16回勢農会 | トップページ | 3月度第1回青年部会 »

成功前の氣付き(2)

 『成功前の氣付き』を初めて読まれる方は【『はじめに』のはじめに 】と【はじめに】をお読み下さい。

 

【夢はドラマティック】

 

以前、テレビ番組で痴呆症の徘徊(はいかい・目的も無く歩き回ること)の研究・治療をしている脳外科医の先生が「人間は夢を追って生きる動物です。若い間に夢や目標を達成しては、また次の夢や目標を見つけてチャレンジすることをしていないと、痴呆症などになったときに、夢の造り方やチャレンジのやり方が分からなくて徘徊してしまうのかもしれません。」と言っていたのが印象深い話でした。

 

僕が大阪の病院のリハビリ科で勤務していた時の話です。

女のお孫さんが三ヵ月後に結婚式をするので歩けるようにしてほしいという、ほとんど寝たきりのお婆さんが入院して来ました。

普段は車椅子での生活。

立って歩けたとしても歩行器の補助がないと歩けない状態。

病院の長い廊下を歩行器で歩くのも30分以上もかかってしまいます。

お孫さんの花嫁姿を熱望するので、それから毎日歩行訓練をしました。

その時にお婆ちゃんの家族にもお願いしたことは「お孫さんの結婚式が素晴らしくて楽しくなるね」という話を沢山してあげて下さいとお願いしました。

楽しい孫の結婚式をイメージさせながら歩行訓練を続けました。

すると結婚式の一週間前ぐらいになると、安全の為に杖をついてでの歩行になりますが、歩くのに30分以上掛かった同じ廊下を約3分で歩けるようになりました。

無事、そのお婆ちゃんは孫の結婚式に出席することが出来て大変喜んでくれました。

しかしこの話には後日談があって、結婚式が終わった数日後には以前より酷い寝たきりになってしまったそうです。

 

もう一人、寝たきりの痴呆症のお婆ちゃんがいました。

ベットから起き上がるのもやっとで、立つことは出来ませんでした。

ある日突然「自転車に乗りたい!」と言い出しました。

内心「ええー!無茶な!」です。

でもそのお婆ちゃんは、それから毎日自転車に乗りたいと言うので「じゃあ、自転車に乗ってどこ行こうか?」と楽しく会話をしながらリハビリ訓練をしました。

今まで嫌がっていたリハビリ訓練も、楽しく会話しながら少しづつ続けていきました。

このお婆ちゃんの結末は、自転車に乗ることは出来ませんでした。

外に出ることもありませんでした。

ただ、普通に歩くことは出来るようになったのです。

そのお婆ちゃんにとっての自転車に乗るという夢のハードルは、高すぎたのかもしれません。

しかし、普通ではその下のハードルは軽々と跳べるようになったのです。

そのお婆ちゃんのハードルは、まず「ベットから起き上がる」

→「立ち上がる」

→「しばらく立っている」

→「歩く」

→「長い間歩く」

→「日常生活が出来る歩きが出来る」

→「自転車に乗る」でした。

「ベットから起き上がる」ことさえ出来なかったお婆ちゃんは、自転車に乗ることは出来ませんでしたが、夢が出来たおかげで何段階も上まで成長することが出来たのです。

 

ぼくは、小学校3年生の時に大阪から転校して来ました。

話す言葉が大阪弁と言うことで、いじめられっ子に。

近くにある第一級河川の宮川にも突き落とされました。

ある土曜日の帰りに、学校の裏庭に20~30人が、ぼくをいじめるのに待ち構えていて一斉に追いかけられました。

登校拒否寸前でも学校は行きました。


同じ小学校3年生の時、心筋炎という病気で入院しました。

走ってもいないのに脈拍が一分間に120回もありました。

風呂に入ったりするとめまいがします。

中学校でテニス部に入ってランニングをすると学校周辺を2周ぐらいで倒れてしまうのです。

マラソン大会の時には「この生徒は要注意!」という目印に、ピンクの鉢巻きをして走らされました。

 

小学校高学年から中学では、アトピー性皮膚炎になりました。

当時、血液検査でIgE(RIST)という検査をしました。

IgEの正常値はありませんが、そのかわりに成人では「標準値」というものがあり、これは170とか、250IU/ml以下ということになっています。

この数値が、5,120IU/mlもありました。

今でも26歳当時の4,632IU/mlという検査結果が残っています。

このような数値になると全身をかきむしります。

布団のシーツは、いつも人がたに血だらけ。

体毛という体毛が、かきむしるので無くなってしまいます。

眉毛もスネ毛も腋毛も無くなってしまいます。

その結果、汗腺までも詰まらせてしまいます。

少し暖かくなる5月ぐらいには、汗の出る汗腺が詰まってしまい水脹れ状態に皮膚がなってしまいます。

そして体温調節が出来なくなり倒れるのです。

 

平成10年には原因不明の激頭痛と225/130という超高血圧で、大阪大学付属病院(日本初の移植手術をしたところ)に一ヶ月間入院しました。

最後まで原因不明でしたが、今で言う躁鬱(そううつ)病だとも言われました。

超高血圧の爆弾は、今でも持っています。

 

結婚直前に親の会社(工場)が倒産しました。

家族崩壊でした。

 

今でもこの時代の荒波に飲み込まれています。

 

でも夢いっぱいです!

夢に過去は一切関係ありません!

病気自慢や不幸自慢も屁のカッパ!

夢って言葉が照れくさかったら将来の目標だと思って下さい。

僕がよく例え話をするのが、冬の雨降る夜に5㎞先の駅に歩いてある人に傘を届けてと頼まれたとします。

スボンや服がビチャビチャになって冷たいです。

夜なので疲れていて眠いです。

そんな頼まれごとなんて、嫌に決まっています。

でも傘を届けるその人が、アタッシュケースを持っていて、その中いっぱいに1万円札がぎっしり積み込まれています。

御礼にそのアタッシュケースを貰っても良いのです。

そのお金は好きなように使えるのです。

お金という言葉が嫌いな人は、どこでも行けるフリーパス券でもいいです。

どうですか?

同じ冬の雨降る夜も楽しくなりませんか?

 

「お金持ちになりたい!」「高級外車に乗りたい!」という夢を持つ人も多いでしょう。僕自身も以前はそうでした。

そんな時に出会った言葉が「お金は後からついてくる」です。

イチローは成功者です。

お金持ちでもあります。

しかし彼が幼いころから「成功者になりたい」「お金持ちになりたい」と思ったでしょうか?

そう「メジャーリーガーになりたい!」です。

日本人の主な流れは、日本プロ野球選手になってメジャーリーガーになるです。

そうすると必然的に一流選手になっているということになります。

その段階でプロ野球選手でありながら「成功者」で「お金持ち」なんです。

 

今まで「お金持ちになりたい!」とか「高級車に乗りたい!」だけの夢の人はあまり

その夢が叶っていないことに氣が付きました。

「何でかな~?」って考えました。

夢って自分がどうなりたいかを考えることだと結論付けました。

自分は「お金」にもなれないし「高級車」にもなれないんです。

イチローのように「メジャーリーガーになりたい!」と自分自身がどうなりたいと夢見ることがポイントなんです。

 

夢をみると失敗を恐れる人がいます。

そんな人は「失敗」を「練習」と読んでみて下さい。

「プロ野球選手になりたい!」いう少年が、リトルリーグの練習試合で負けたからって失敗になりますか?

バッティングセンターで空振りをしたから、失敗したからプロ野球選手にはなれないと言いますか?

そうなんです!

失敗というのは悪魔のささやきなんです。

まぼろし、まぼろし。

失敗したら「練習!練習!」って言ってみるんです。

「失敗は成功のもと」と言うでしょう。

「練習は成功のもと」なんです。

「たくさん失敗した人程、成功する」と松下幸之助さんも言っていました。

その意味がピンとこなかったら「たくさん練習した人程、成功する」って思って下さい。

これなら納得だと思います。

僕は「失敗」は「練習」だと氣付きました。

目標としていた試合に負けたとします。

本人はそれを「失敗した」と思っているでしょうか?

「悔しい」と思っても「失敗した」とは思わないはずです。

「失敗したから負けた」と思う人はいるでしょう。

その不得意な部分を練習が不十分だったので負けただけなのです。

だから次の試合は、今よりも強くなっている自分がいるはずです。

 

夢は自由なんです。

神様が与えてくれた唯一の自由なんです。

どんなに病気をしても、どんなに貧乏でも、どんなに幼くても、どんなにおじさん・おばさんでも、どんなに年を取っていても夢見る時期や大きさは自由なんです。

その夢を誰かと話し合って下さい。

楽しくなります。

夢にも夢素人があります。

初めての夢は小さいです。

不完全です。

夢を沢山持って、語って、行動に起こして夢のプロになりましょう!

夢は、自分の可能性や出会う人、行動の量で変化していきます。

勿論、明確な目標にして突き進んでいく人も大勢います。

自由に変化して、今の自分よりも高い場所に連れて行ってくれる夢もあります。

夢に決まったパターンはありません。

夢見ることも、その先も夢は自由なんです。

 

「なかなかチャンスがないんだよね・・・。」と言われる人がいます。

だからって、その人が悪い訳ではありません。

それは成功者の既成概念の言葉に縛られているから動けなくなってしまうのです。

よく「人生たった数回のチャンスを見逃すな!」っていう成功者がいます。

それも悪魔のささやきです。

全ての人がイキイキとしてもらったら困るからです。

チャンスは雨あられの様に降り注いでいるのです。

それを「ミナイ」という傘で、チャンスの雨を避けているのです。

チャンスは雨の様に小さいものです。

お膳立てされているチャンスはありません。

小さな種のようなチャンスに水をやって、肥料をやって、育てていくのは、自分自身の強い鮮明な夢の思いなんです。

そしてたくさんの仲間や巡り会う人たちが、剪定をしたり獣害などから守ってくれます。

 

こんなに偉そうなことを書いている僕は、まだまだ夢の入り口です。

ただ自分の夢が出来て、語り合う仲間がいて、動いてみたら素晴らしい人との出会いの奇跡があって、夢が広がっているだけなんです。

夢は決して利益をもたらすものばかりではありません。


僕の場合、その夢による収入は、まだありません。

高級車もありません。

逆に夢の為に車売りました。

現在は、嫁さんとの共同の軽自動車一台です。

それでも夢に向かって一歩一歩進んだだけで、これだけの「夢」に関しての氣付きがありました。

色んな出来事がありますが、最初は小さな夢が出発なんです。

夢のドラマの始まりです。

その夢ドラマがウキウキワクワクします。

普通の日常生活のドラマって面白くもなんともないでしょう。

だから夢が出来ると自分の人生ドラマが面白くなるんです。

ハラハラドキドキもありますが、それ全部を含めてワクワクしてきます。

夢はドラマティックなんです!

|

« 第16回勢農会 | トップページ | 3月度第1回青年部会 »

成功前の氣付き」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

読んでて、毛穴開いちゃいました。。。

超プラス思考なくせに謙虚で、謙虚なくせに自信
満々で、自信満々なくせに誰よりもピュア。

だからこれだけの内容が書けるんちゃうかなぁ。

だから人に好かれて人に囲まれる。

損得、恩義、裏切り、思いやり、いろんな事が
先生を支えたんやろうなぁ。

投稿: たまま | 2010年3月12日 (金) 22時54分

「グッ」とくるコメントありがとうございます。
パワーアップする為に、褒め言葉は鵜呑みにさせて頂きます(*^m^)

今日、我が鍼灸院の若い男性の患者さんから一つの大きな夢が発信されました。
とても悲しい思いから出てきた夢です。
普通に考えると「無理!」って思われる考えなのですが、熱心に話している内に何だか出来るような気がしました。
その人のビジョンが鮮明になれば、全力で応援したいと思っています。


たままさん!
こっちの世界は面白いですよん(^m^*)

投稿: ワクワク7 | 2010年3月13日 (土) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243911/33729011

この記事へのトラックバック一覧です: 成功前の氣付き(2):

« 第16回勢農会 | トップページ | 3月度第1回青年部会 »