« 2010横輪桜まつり前夜祭 | トップページ | 成功前の氣付き(5) »

間伐整備森林見学~山は死んでいる~

本日2度目の人生サイコーのワクワク7 ですヽ(´▽`)/

昨日の3月28日(日)は、慎ちゃんと一緒に大台町(旧 宮川村)の山奥へ間伐整備森林見学に行って来ました。

道行く途中の車内で、現場周辺に近づくと花粉症のぼくのクシャミが止まりません。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・
目までショボ、ショボして来ました。
周辺は、どこを見渡しても杉山だらけなので、仕方有りません(;´▽`A``
覚悟を決めて待ち合わせ場所の奥伊勢フォレストピア に向かいました。

現地では既に、うきとむらのじゃんぼ七草粥祭り で知り合った坂本さんと、彼の勤めている藤原林業 取締役の藤原さんまで待っていてくれていました。

その待ち合わせ場所から藤原さんの車に同乗させて頂き、更に奥の山に向かいました。

到着した山は、藤原さんたちが間伐整備した山でした。

間伐整備には、半分以上の木を間伐します。

山の所有者は、山一つを所有しているのではなく、碁盤の目のように一つの山に複数の所有者がいます。

何故に手付かずになるかと言うと、昔の思いがあるからだそうです。
昔は木を一本切り出すだけで、日当が稼げたそうです。
その木を半分間伐するので「もったいない」と言われ整備させてもらえないそうです。
その費用は、国の助成金で賄われて地主は一円も出費がいらないのに整備しないそうです。
ですので、下記の手前が間伐整備している所で奥の山が手付かずの山になります。
2010328_ca390023

2010328_ca390042

整備が進むと、今まで無かった小川が出現するそうです。
2010328_ca390019
蛍も乱舞するようになります。
蛍はエサとなるカワニナが居なければ、別のものを食べるそうです。
しかし整備がなされていない山では、そのエサさえも無くなってしまうらしいです。

そしてその綺麗な水の小川にワサビを一つ植えると自然と増えていきます。
その水は、勿論ガブガブと飲める綺麗な水です。
2010328_ca390014
クレソンを少しだけ植えると、すぐに増えていきます。

2010328_ca390015
間伐した杉の木は、運べる場所であれば、下記の写真のような機械でワイヤーに吊り下げて、トラックの入れる道まで運び出します。

2010328_ca390051

2010328_ca390047  
助成金はとても少ない為、切り出しが困難な場所は放置されます。
一円でも売れるものだけど、切り出すのに手間も費用も掛かるし、人手も少ないので市場ではあまり出回らないそうです。

放置された杉の木や切り株には新しい生命が誕生したり、十年もするとスポンジのように柔らかく、ボロボロと崩れていきます。
2010328_ca390025

2010328_ca390036
整備された山の中を歩いているうちに、あることに氣が付きました!
クシャミ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみが一切ありませんw(゚o゚)w
それに、山を歩くとすぐに疲れて足の膝が笑うのにそんなこともおこらない。
そのことを藤原さんに言うと、間伐整備されていない山の杉は死に掛けも同じ。
だからせめて子孫を多く残そうと花粉を大量に撒き散らすのだとか。
間伐整備されていると日光も当たるし、栄養も取り合わないので成長する方にパワーを使うので花粉が少ないそうです。
これで今までの疑問が解けました!
「何故、昔の人やぼくの小さいころには花粉症という言葉が一般では聞こえてこないんだろう?」という疑問の答えがこれで分かりました。

それと山を歩いていて疲れ難いのは、目的地が見えるので下ばかり見て歩いていないからだそうです。
そう言えば以前、山歩きで下ばかり見て歩いていたので腰を引いてカッコ悪い歩き方をトラベラー西井に注意されていました。

それから移動をくり返しながら進んで行くと、藤原さんと一緒にやっている「NPO法人 がんばれ、大台」代表の直井さんと出会いました。
そして同じ仲間の70歳過ぎで林業現役の男性も合流し、山奥で6名の男性が滅茶苦茶、熱く語り合っていました。
とても勇ましい光景です。
2010328_ca390050
今の日本の山が死んでいるのは、ここでも天下り団体が壁になっているそうです。
そのせいで、林業関係者でさえも無知な人が増えてしまうそうです。
この山が死ねば、水も飲めなくなるし、環境破壊が一気に加速するし、海の生態系にも大きく影響してきます。
この感覚は、実際に間伐整備した山に登らないと分からないです。
そしてこの間伐整備された山々に今まで以上の生命が誕生している現場に遭遇しないと実感出来ないと実感しました。

そして現在、間伐!間伐!と言っていても、ここまで大胆に間伐する技術や知識のある業者や団体は少ないそうです。

楽農村は、このような活動が盛んになるように手助けが出来ればと考えています。

本当にこの連日、人生サイコー!な人たちと出遭ってテンション上がりっぱなしでワクワクしっぱなしです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙(*゚∀゚)=3
ぱなしは有りって話です(*^m^)♪:;;;:♪:;;;:♪

|

« 2010横輪桜まつり前夜祭 | トップページ | 成功前の氣付き(5) »

山林関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243911/33985340

この記事へのトラックバック一覧です: 間伐整備森林見学~山は死んでいる~:

« 2010横輪桜まつり前夜祭 | トップページ | 成功前の氣付き(5) »