« 最高の贈り物 | トップページ | 冬野菜教室終了 »

成功前の氣付き(3)

成功前の氣付き(3)  

 

 『成功前の氣付き』を初めて読まれる方は【『はじめに』のはじめに 】と【はじめに 】をお読み下さい。

 

【成功の定義】

 

僕は色んな、誰も氣にも留めない事まで「何でだろ~?」と考えるタイプです。

 

「成功って何?」ってずっと前から考えています。

 

成功は立ち止まらないことだけは、氣付きました。

 

残念ながら成功前の自分では、まだ成功の定義の答えが出ていません。

ですので、この「成功の定義」を読んで、みなさんの自分なりの「成功の定義」を考えてみて下さい。

 

「成功者のイメージは?」と聞かれると以前までは、お金持ちってイメージでした。

お金持ち=成功者なら分かりやすい。

自分で決めた、夢見た月収や年収に達すれば成功なのですから。

でもそれなら成功に立ち止まってしまうようで・・・。

「その時になれば、また目標金額を決めたらいいじゃん。」って言われるかもしれませんが、これから書く内容を読むと考え込んでしまいます。

 

お金を成功とした話ではないのですが、こんな面白い話がありました。

ある外国の大学生の運動部に所属しているアンケートの結果です。

「ステロイドを使用すれば試合に勝てる。もしくはチームの一員になれるものの、5年後には身体を壊すと分かっていても薬を使いますか?」という質問に対して、殆んど全員がYesと答えた。

「5年以内に死ぬと分かっているとしたら?」という問いには65%の学生がYesと答えたのでした。

 

このアンケートを読むと、この場合の成功は「自分自身の為の成功」なのでしょう。

「記録」や「順位」という分かりやすい目標(夢)に対しての行動や努力の選択肢の結果なのだと思います。

 

学生アンケートの話を客観的に見ると自殺行為です。

でも当事者の学生たちは真剣な考えなはずです。

 

前回の「夢」に関しての話と並行しますが、夢や目標が出来たら「何故そうしたいのか?」を付け加えると、自分自身の成功の基準が自然に決まるような氣がします。

その先に何を求めているのかも氣付くのかもしれません。

そうすることによって、自分の夢や目標が破壊的なものなのか、継続的に続く又は繋げていけるものなのかの判断がつくと思われます。

 

「成功前の氣付き」という題名にも拘らず、実は僕の夢は成功しないようになっています。

 

この場合は「成功」=「完成」とします。

「完成しない夢」なんです。

 

夢が終わるのが嫌なんです。

完成すると燃え尽き症候群になるんです。

 

僕の夢の行為は「つくる」が基本になります。

 

「衣・食・住・アートの村をつくる」

 

「半自給自足の循環型の村のシステムをつくる」

 

「パーマカルチャーな環境をつくる」

 

「プラス思考の仲間が集う場所をつくる」

 

「情報発信地域をつくる」

 

などなどです。

 

つくってしまうと完成で終わるのですが、全ての夢が変化をさせて進化させれるものばかりです。

 

僕たち楽農村メンバーの中の決まり事で「ベンツは買わない!」というものがあります。

決してベンツが嫌いではないし、ベンツが悪者と言う意味ではありません。

ベンツの良さなら営業マンほど語れます。

それほどベンツは魅力ある車です。

楽農村の場合は、ベンツを購入出来るような身分になれば、みんなで買おうと言う意味です。

代表者や社長1人がベンツを買うと、資金がそこだけに集中してしまう。

最初は希望の光にもなるが、妬みの対象にもなる諸刃の剣。

だったらみんなで買えるようになるまで、みんなで頑張ろうということです。

豪華な海外旅行に1人で行くよりも、仲間全員で行く方が楽しいよねってことです。

今なら高級車より高性能トラクターの方が欲しいです。

トラクターはベンツ級に高価な代物ですから。

 

 

成功について、下記のような非常に考え深い昔の人の言葉があります。

 

「わたしたちは皆、自分や家族を顧みるためにお金を必要とします。問題なのは、金銭に対する愛です。実際、そのような愛を抱くと、お金が主人もしくは神になってしまいます。」

 

「働く者は食べることが少なくても多くても、快く眠る。しかし飽き足りるほどの富は、人に眠ることをゆるさない」

 

「金銭を愛するものは金銭に満足しない」

 

「屏風も広げ過ぎると倒れる」

 

先人の教えには数多くの経験から生まれています。

参考にするべき言葉だと思います。

 

「成功の定義」は、成功もしていない現段階の僕には大変大きなテーマなのかもしれません。

 

成功者が、これを読んで笑うのかもしれません。

 

成功の定義は、一つではないのかもしれません。

 

ただ成功前に氣付いたことは、各自自分自身の成功の定義を考えることは大切だということだけ氣付いています。

|

« 最高の贈り物 | トップページ | 冬野菜教室終了 »

成功前の氣付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243911/33835478

この記事へのトラックバック一覧です: 成功前の氣付き(3):

« 最高の贈り物 | トップページ | 冬野菜教室終了 »