« 告知2 | トップページ | 矢持町の夢 »

直採リ収穫体験販売・・

みなさん、こんばんは。happy01

慎ちゃんです。

全国的に大雪の被害が出ています・・・。

被害に遭われた方々に、お見舞いを申し上げます。

16日(日)は、楽農村のメンバー全員が中心メンバーとして参加している、

勢農会初めての、農業を元気にするイベント、「直採り収穫体験販売」が行われました。

畑に入り、手で野菜を引き抜き、感動していただく・・・。

そして、その野菜を、お家で家族で食べて、また感動・・・。smile

16日に向けて、農林課の方達や勢農会のメンバー達が、あれやこれやと知恵を

出し合い準備してきました。

当日は、TV局が2社と新聞社が3社ほど取材に来てくれていました。

朝の10時から12時の、少ない時間でしたが寒くて風の強い中、約150名の

お客さんが来てくれました。

子供達も沢山来てくれて、大きな大根を抱えていました。

今回の取り組みは、マスコミ等の注目度も大きくて驚きました・・・。

日本人は狩猟採集民族です(農耕を行うずっと以前から)、DNAに自然との関わりが

深く刻まれています、今のような生活スタイルは近年になって確立されたもので、

日本の自殺者数が年間3万人を超え、(日本の自殺率25に対して、アメリカ、カナダ、

オーストラリアは10、イギリスは5)欧米などに比べて多いのも、今の社会や会社組織・

地域コミュニティーの在り方が人にとって耐え難い物になってきたのと、食の

ファストフード化にも問題がある様に思えます・・・。(橘玲著より抜粋)

だって、自分達で育てた野菜は甘くて美味しいし、山に行けば山菜や良い景色が

おなかいっぱい味わえるのですよ・・・。

楽農村的な遊びをしていると、とても都会では暮らせません・・・。(都会も田舎も大切です)

でも、時代は良くも悪くもドンドン先に進みます、現状の流行だけを見るのではなく、

その先に何が必要となってくるのかを、よく考えて想像力を働かせて楽しみながら

「日本的里山新農村観光」を、私なりに計画実行に移して行きたいと考えています。

大きな事を書きましたが、つまりは私達が60歳70歳になった時に、野の草花や豊かな

山に囲まれて、山の果実でお酒を造ったり鮎を獲ったり椎茸を作ったりして、ニコニコと

暮らしていける環境を残して行きたい・・・。

それらを繋げて、生活をしていけるだけの外貨を稼ぐ方法や魅力有るシステムを

作って行きたい・・・。と言う事です・・・。

時間が足りませんね・・・。crying

|

« 告知2 | トップページ | 矢持町の夢 »

勢農会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243911/38521174

この記事へのトラックバック一覧です: 直採リ収穫体験販売・・:

« 告知2 | トップページ | 矢持町の夢 »