« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

LLPラクノウソン

はーい!ワクワク7ですヽ(´▽`)/

昨日、にゃんにゃん棒の売上げ3ヶ月分と身体を知るワークショップの講演出演料を支援金として振込んで来ました。

振込む際の「ご依頼人」を明記する時、有限責任事業組合 楽農村をカナ文字に変換するとコンピューターに記入しきれないので「LLPラクノウソン」で登録しました。
いつもは漢字記入なので、アルファベットとカナ文字だと違う会社の気分になっちゃいますhappy02

支援金先にずいぶん悩み検討しました。
これからも継続的に、楽農村活動で発生する収入の一部を支援していきたいので尚更です。

で、今回はNPO法人 犬猫みなしご救援隊 に送金させて頂きました。
Top_img
義援金ではなく支援金にした理由は、一つは「にゃんにゃん棒」を購入して頂いているお客様が、猫という動物を愛している方々が購入者であるということ。

二つ目は、人間の心の支えになってくれている動物たちが、人間の都合で救済されていないということ。

三つ目は、これらの犬猫救済活動をしているグループの支援金が以外と少ないということ。

四つ目は、犬猫を救済されることによって被災者の気持ちの負担が少しでも軽減されているという現状。

これらを考慮して、犬猫救済活動団体の支援金に当てさせて頂きました。
ぼくは犬猫を飼っていませんが、心の支えが無くなったり、仕方なく離れて暮らすことの心の傷や負担は大きいものだと考え想像出来ます。

また今回、沢山ある犬猫救済活動をしている中からこの団体を選んだ理由は、勿論、被災地に入って犬猫救済活動をしているのと、以前から犬猫の救済していて、引き取りや保護をする場所までもキチンと確保しているというところです。
代表者は少し怪しげですけどね(笑)。
なりふりかまっていられないっていう状況なのでしょうね。

なんとかこのような支援金支援活動を微力ながらも多くの人たちにも参加をしてもらえるような仕組みをこれから考えて実行していきます。
それが今年も目標でもあり、現在の自分に出来ることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の大地で山菜採り

トラベラー西井です。

週末は、日本海側の山に行き、山菜採り&山菜パーティをしてきました。

正月にもお邪魔させていただいた、友人夫妻の別宅。

前回は深い雪で周りの様子がよく分からなかったけど、さすがに解けてました。

家の前には畑や湿地があり、元の持ち主が植えたという紅葉、ウドなどがありました。

今はいろんなものを植えているところだそうです。

さて、金曜の夜出発して早朝に到着しましたが、少し休憩してからさらに山奥へ。

冬季閉鎖の山道のゲートから先に足を伸ばすと、道端には山菜がわんさか。

S201152

(路面の緑色は、すべてコゴミ)

おばちゃん達がビニール袋をいっぱいにして帰って行きました。

山菜の知識が豊富な友人に聞き、見よう見まねで採取していく・・・

S201153

様々な種類の山菜が採れました。

午後は場所を替え、裏山へ。

S201154

僕はワラビばかり採ってました。ウドもたくさん採れました。

別宅に戻り、仕訳作業。

201155

(一枚は、お昼のそば・・・)

そして夕食はもちろん山菜づくし!

201156

道端で自分たちが採ってきたものが、こんなに美味しくいただけるなんて。

わざわざフライヤーを買ってくれて、熱々の天ぷらをいただきました。

201158

そして、持ち寄ったお酒もいただき、夜はあっという間に過ぎていく。

201159

こんな素晴らしい休日だったのに、会費はたった1000円でした。

お土産に、採りすぎた山菜が山盛り。

山っていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体を知るワークショップ

お久しぶりですsign03
ぼくは元気ですsign01ワクワク7ですヽ(´▽`)/note

5月8日(日)鵜方のわらいふ工房にて、わらいふと楽農村の初めてのコラボrecycle
『身体を知るワークショップ』を開催しました。

なんとワクワク7が医療についての話を一時間して、その後インド政府公認の祥子さんによるヨーガ教室をやって、祥子さん手作りのインドカレーとパンを頂くという企画です。

とってもゴージャスshine

これらの参加費は、必要経費を引いた全てを東日本大震災の義援金・支援金に寄付されます。

定員13名の申し込みが、すぐにいっぱいになり断る人まで出てきたそうです。
わらいふの影響力は凄いッスwobbly

ここが、わらいふ工房の入り口。
古いボロボロの古民家を改装したそうです。
周りの民家とは異空間でしたshine
2011508_ca390035

とっても素敵な、手作り台所。
土間になっています。
2011508_ca390037

ランチの用意を昨日からして頂いています。
2011508_ca390036

ちょっとしたインテリアがとてもお洒落heart04
これはなんと体重計だそうです。
2011508_ca390047

この空間で、講演会をしたりヨーガをします。
2011508_ca390038

2011508_ca390039

お庭も独特の空間をかもし出していますbud
2011508_ca390041

パンを焼く為の薪ですbread
2011508_ca390044

ぼくが話をする場所から見た風景です。
様々な職種で、とてもコアな人たちが集まっていたので、緊張し過ぎて睡眠時間2時間でフラフラしていましたが、一気に目が冴えてしまいましたcoldsweats01
2011508_ca390048

今回のぼくの話は「考える医学」。
数学の基本は+(たす)、-(ひく)、×(かける)、÷(わる)で、あとはそれぞれの方程式に合わしますよね。
医学も高校生ぐらいの保健や理科の知識を基本として、身体の特性をちゃんと理解すれば、あとはそれぞれの疾患による応用だと考えています。
それを分かりやすく、専門用語は殆ど使用せずに話をさせて頂きました。

自分自身は、好評だったかどうかは判断出来ませんでしたが、一生懸命メモをとってくれたり、講演会終了後に色々質問をされたりして、来月も身体を知るワークショップを開催することになりました。
評価は、まんずまんずといったところでしょうかcoldsweats01
2011508_ca390049

ぼくにとって初体験のヨーガです。
祥子先生の写真が逆光になってしまいました・・・。
身体は柔らかい方だと思っていましたが、出っ張った腹が邪魔をして苦しかったですcrying
ただ、ヨーガ終了後は身体がポッカポカsunhappy02sun
血流がとても良くなりました。
ヨーガを始める前に診察した、肩ガガチガチの主婦の肩が少しマッサージしただけで、ほぐれてしまったのには驚きましたwobbly
2011508_ca390050

さ~てランチの時間ですhappy01
2011508_ca390052

おおーsign03
めちゃめちゃ豪華じゃないですかhappy02notes
人数が人数だけに、一人が食べる量が少ないかなぁ~と思っていましたが、満腹になりましたdelicious
パン工房を所有している天使のひるね のゆみさんからは、米パンの差し入れがありました。
ズッシリと重量感があってとても美味しかったです。

勿論、プロ級の窯で焼いた祥子さんのパンも全て重量感があり、カレーも種類が豊富でとても素朴で美味でしたlovely
2011508_ca390054

異業種だけではなく、色んなライフスタイルの方々の会話は途切れることがありませんでした。
2011508_ca390055

新しい出会い、再会、そして話し込むことでの人間化学反応が刺激的でした。
コラボによる新たな目標も生まれましたflair
2011508_ca390056

最後は飯高町で菓子工房を女性一人で切り盛りしている、Otogurisu(オトグリス)さんからの豆乳プリンとケーキの差し入れcake
ここのプリンは以前、横輪町のキャンドルナイトに出店していて、とても美味しいプリンでしたが今回は食べそびれてしまいましたcrying
ただし、このホールケーキは、しっかりと頂きましたhappy02
最高にフルーティーで美味しいかったですnoteshappy02happy02happy02notes
2011508_ca390058
講演会もヨーガもランチも全て含め、新しい出会いのサプライズもあって1,500円なんて素敵過ぎますnote

次回の身体を知るワークショップは、6月19日(日)。
その後も続けたいのですが、祥子さんも忙しく数ヶ月間の予定は未定になっています。
なので確実に開催する日は、この日だけっsign01
既に、口コミ予約も入っている状態です。

まだアップされていないかもしれませんが、詳しくはわらいふ ブログにて確認と予約を入れて下さい。

派手なイベントやセミナーでは無いのですが、とても充実した笑いのある「あ~、こんな空間と時間、それにおしゃべりもいいなぁcatface」と思わせる、時間を提供出来ると思います。

それにワクワク7も、このブログでは話さないことをしゃべりまくります。
きっと家庭で出来る医療が増えるでしょうhospital

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »