« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

ものづくりフェアー㏌志摩

はいはーい!ワクワク7ですヽ(´▽`)/

昨日、9月25日(日)は、志摩市商工会館で開催された『ものづくりフェアーin志摩』に、新しい相棒のパンダ号に乗って色んな人たちとの出会いと、写真冊子の協力者を求めに行ってきました!

その前に腹ごしらえ!

目指すは『板橋食堂』。
又の名を『まんぷく食堂 板橋』。こっちの名前を言うと殆どの人たちが宇治山田駅のアーケード街にある「からあげ丼」で有名な食堂と勘違いをします。

伊勢方面から伊勢道路をずーっと進んで、峠を越えた辺りの左側にある、ちょっと大きな食堂です。

20110925_ca390040

この写真では、分かり辛いですが店内はとても広いです。
厨房には数人のおばちゃんたちが、手際良く動いています。
テーブルのあちこちから「注文してから早っ!」という歓声が聞こえてきます。
20110925_ca390037

色んなブログ等で調べて「玉子焼き定食 550円」と迷いに迷ったのですが、この写真の「ミックスフライ定食 850円」を注文しました。
20110925_ca390039
噂で聞いていましたが、海老フライがでかい!
写真に入り切らない!
魚のフライは、シャケのような赤身の魚でした。
あとは唐揚げとサッパリ味のコロッケとヒレ肉のフライだったかな。
他の人たちは「ご飯は小と言え!」とかタッパーを持って行かないと食い切れないとか言っていましたが、フライにサッパリ味もないのですが以外と油っぽくなく全て美味しく頂きました。
ワクワク7的には毎日でも来て、全メニューを制覇したい気持ちです。
これからの楽農村のブログには、地域活性化に少しでも貢献するべく、美味しいお店も紹介していきますね。

そしていざ志摩市商工会館へ!
ここは、小俣町商工会青年部の部長の時に、何度か来た場所。
今日は、いつもと違う雰囲気の商工会館。
伊勢志摩で工房を構え創作活動に打ち込むものづくりの作家総勢31人が一堂に会し、作品の展示販売などをする場所となっています。

「行ってみよ~・見てみよ~・触れてみよ~」をテーマに、多くの人に手作りの楽しさを知ってもらい、ものづくり作家との交流を深め、イベントを通して地域を元気にしたいと企画された同フェア。

作品は、シャドウボックス、ステンレスアート、真珠宝飾、フォトグラフ、ガラス工芸、カリンバアート、押し花アート、草木染、木工・皮革クラフト、吹きガラス、ステンドグラス、陶芸、洋服・布小物、プリザーブドフラワー、貝細工など様々。

下記の写真は、以前からとても気になっていたカリンバ(ハンドピアノ)工房の山下さんのお店。
とても芸術的なカリンバばかり。
実は、ワクワク7は、他のカリンバを二つ所有している。
あこがれの演奏は出来ないんですけどね~。
20110925_ca390043

こちらは、とても愛らしい海女さんの人形が並ぶ「工房 茂吉」さん。
とてもリーズナブルな価格で人気のお店でした。
20110925_ca390045

木工製品の出展は複数ありました。
20110925_ca390046

東日本大震災被災者支援のために役立てようと、作家らが自らの作品を提供しチャリティーオークションが開かれた会場。
さらに、当日の売り上げの一部も震災義援金として寄付に充てるそうです。
その模様も写真に撮ったのですが、異様な熱気にピンポケになっちゃいました。
狙っていたカリンバもオークションに出ましたが、高値が付いてあえなく撃沈(ノ_-。)
隣にたまたま居合わせた患者さんに「お金、幾らか持ってるから!」なんて応援してもらっちゃいました。
20110925_ca390047

『ライダーハウス志摩』の塚本さんの皮細工作品。
本人もプレスカブからハーレーまで複数のバイクを所有しているそうです。
それらのバイクで日本一周を何度も旅された羨ましい人生を謳歌されています。
20110925_ca390048

ステンレス工房の北井さんのお店。
本人は、このイベントの主催者サイドで右往左往していました。
20110925_ca390049

それと以前からお会いしたかった人とも、この会場で出会い名刺交換することが出来ました。
やっぱり色々と動いてみないといけませんね。

それと最後に、2009年6月21日(日)に二見町で開催された「全国まちづくり交流会」で知り合った漁師の吉川さんと再会!
志摩自然学校の出店ブースにいました。
二人とも顔は見覚えがあるんだけども、記憶を辿るのに時間が掛かってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝わる樹持ち

みなさんの地域の台風被害は大丈夫だったでしょうか?

お久しぶりです。
ワクワク7ですヽ(´▽`)/

昨夜は、伊勢市の『まちづくり市民会議 産業分科会 第47回会議』に熱血森林業関係者の方々が出席しているので、是非とも楽農村メンバーと合わせたいと言う要望もあったので参加して来ました。

ワクワク7は、どうしても熱くなってしまって行政ではオフレコにしなければいけない部分まで発言してしまうので、前日に口止めされた状態で入室しました。

おとなしく聞き役に徹していると「今夜は、おとなしいですね。」と司会者が挑発。

んんんーっ、とそれでも必要最小限の発言しかしていないと、各関係者からきわどい質問が何度も投げ掛けられまくりました。

ぼくがおとなしくしていても、熱血さんたちには伝わるものなのでしょうか。

行政が毛嫌いする部分をズバッと質問してきます。

会議終了後には、それぞれの気持ちは同じことに勇気付けられました。

そんな時にバスケット界のスーパースター『マジックジョンソンの名言』を丁度登録しているメルマガに書いてったので紹介しますね。

昔から有名な言葉ですが、この歳になって改めて読むと新たな気持ちになるもんです。




「お前は無理だよ」と言う人の言うことを聞いてはいけない

もし自分で何かを成し遂げたかったら、出来なかった時に他人のせいにしないで自分のせいにしなさい

多くの人が僕にも、「お前は無理だよ」と言った

彼らは君に成功してほしくないんだ

なぜなら、彼らは成功できなかったから

だから、君にもその夢をあきらめてほしいんだ

不幸な人は、不幸な人を友達にしたいいんだ

決してあきらめてはだめだ

自分の周りをエネルギーであふれ、しっかりした考え方を持っている人で固めなさい

自分のまわりを野心であふれ、プラス思考の人で固めなさい

近くに誰かあこがれてる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい

君の人生を考えることができるのは君だけだ

君の夢が何であれ、それに向かっていくんだ

君は幸せになるために生まれてきたんだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽の米の稲刈り

みなさん、こんにちは。

慎ちゃんです。

まず初めに・・・・。

台風12号で被害に遭われた方々に、心からのお悔やみを申し上げます・・・。

さて、28日の日曜日は、伊勢稲作学校の無農薬米「神楽の米」の稲刈りが行われました。

勢農会のメンバーは、7時30分に駐車場に集合して、テントの用意など、準備に追われました。

P1010485

お天気にも恵まれて、生徒さん達が子供達と一緒に大きく実った稲穂をカマで刈って行きました。
子供達はカマで刈った後、コンバインの運転席にも乗せてもらって嬉しそうにしていました。

今年の稲穂の様子は、田植え直後の気温と台風の影響で、成長が約一週間遅いとの事で、度会町の方では病気も流行していて大打撃を受けた農家さんもあるようです・・・。
収穫したお米「神楽の米」は、10月15・16日の「伊勢まつり」で「おにぎり」と「伊勢たくあん」として、販売させていただきます。
白米は1キロ500円で販売させていただき、東日本大震災で被害に遭われた農家の方達に、お届けさせていただきます。

伊勢神宮の神嘗祭(15日土曜日)と同じ日に、伊勢まつりが行われるので、今年は賑やかになりそうです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »