« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

一億円の使い道?A

はいは~い!WAKUWAKU7ですヽ(´▽`)/
 
前々回前の『一億円の使い道』の続編です。
 
別にこれには答えはありませんが、面白い結果になったので報告までと思いアップしています。
 
殆んどの人たちは、まずはローン返済をします。
これは予測出来ていたので、一億円に設定しました。
 
残り5,000~7,000万円をどう使うのか?
 
ダントツ1位が、『会社を辞めて何もしない』。
 
この意見は、他にないのか?と思うほど多かった。
 
その次は、『旅行』。
これも仕事を辞めて旅行しまくりコース。
 
『旅行』意見と同じぐらいなのが『物品購入』。
 
高級車や家。
 
持家がある人でも、更に家が欲しいという意見。
車も同じような事だと思います。
 
その他は、少数意見ばかりだが、これが面白いと思った。
 
まとめて言うと『自分に投資』。
 
改めて大学や専門学校に行って資格を取得する。
 
因みに、WAKUWAKU7も変わり者だから、一年間仕事を休んで自分の今迄参加したかったセミナーやワークショップ、それに講演会に出まくって勉強したい!
これは、かなり本気で思っているので、数年後には叶えたい夢なんです。
 
一億円を手に入れるか、又は、それ以上の価値のあるモノや出会いなどに巡り合えるかがキモなのかもしれません。
それに匹敵するアイデアがあれば、誰か教えて下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横輪桜満開!

はいはーい!WAKUWAKU7ですヽ(´▽`)/
 
先日15日(日)、横輪桜まつりに嫁さんたちは出店に再チャレンジしてきました。
この二人は、嫁さんじゃあないですよ~。
Sn3s0045

プリンのファイヤーアクション!
砂糖がパリパリになって一段と美味しい!
Sn3s0046

先週とは打って変わって横輪桜は満開!
Sn3s0038
それに暖かい!
Sn3s0039
先週は寒くて、ペットボトル飲料が一本も売れなかったのに、この日は完売してしまいました!
Sn3s0040
それに、横輪町の1km先から臨時駐車場を設置して、大型バスと1BOX車の2台のシャトルバスが出動する程の人!人!人!
横輪町にある産直の風輪の中も人の行列!
Sn3s0041
この人出のお陰で、同じブースで出品していた女性群も完売していました。
この日は、大正琴やオペラ歌手?など本格的な音楽にも触れ合うことが出来ました。
Sn3s0047
それに、ミス伊勢による写真撮影会に、童心に返った大きな大人たちが夢中でシャッター音を鳴らしていました。
Sn3s0044

そして各自、様々な出会いがあり、チャンスありで、とても有意義で楽しい横輪桜まつりの一日となりました。
Sn3s0049
でも、この混雑がこの一週間も続いていたので、横輪町民の方々の健康が気になる次第であります。
Sn3s0050
小川から眺める横輪桜は癒しそのものです。。。
Sn3s0051
里山の花々も咲き乱れていました。
Sn3s0053

横輪の里山の風景に横輪桜が、みごとに溶け込んでいます。
Sn3s0054
いたる所に、色んな顔をした横輪桜が並んで咲いています。
Sn3s0055

来年は、この横輪桜を眺めて「ボ~」としてみたいです。
それが一番の横輪桜の花見スタイルだと思いますヾ(´ε`*)ゝ
Sn3s0056










| | コメント (0) | トラックバック (0)

一億円の使い道?Q

はいはーい!WAKUWAKU7ですヽ(´▽`)/
 
最近、患者さんや友達に質問していることがあります。
この同じ質問を集計してみると面白いことが分かってきましたので、このブログの読者のみなさんも一度考えてみて下さい。
 
『今、目の前に、自由に使える一億円が現れたとしたら何に使いますか?』
 
但し、このお金には少しだけルールがあります。
①自分のことにだけ使用する。寄付等はNG。
②数年以内に使い切る。老後に使用することはNG。
③不動産や後日現金に交換出来る貴金属のようなモノもNG。
以上です!
 
ローンの返済などはOKです。
なるべく詳しい使い道を考えて下さい。
 
この答えの分析結果は、来週にでもブログでアップしますので、自分自身でもやってみて下さい。
新しい自分が発見出来るチャンスです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012横輪桜まつり

はいはーい!WAKUWAKU7です
 
昨日、4月8日(日)は、横輪桜まつりにトラベラー西井と慎ちゃんと一緒に交通整備のお手伝いをしてきました。
 
そしてその前日の土曜日からWAKUWAKU7の嫁さん&お友達(ぜんざい&ペットボトル飲料販売)と横輪民のジェームスの奥さまの綾子さん(チーズケーキ等の販売)、それにWAKUWAKU7の患者さんの博美さん(濃厚プリン販売)をしました。
土曜日は、雨や雪まで降ってくる悪天候!
翌日は、穏やかな晴れた天気になりいざリベンジ!
Sn3s0022
でも横輪桜のほとんどが蕾のまま・・・。
ちゃんと咲いたらこんな感じ・・・。
Sn3s0017
みんな初めての出品でしたが、色々学ぶこともあり気付くこともありでエキサイティングしました!
 
それに三人とも売れた数や売上げが気になり、良い刺激になりました。
※濃厚で美味しい『杏プリン』。この杏は娘さんの名前らしいです。この2日でファンになった人もいました。
Sn3s0021
※綾子さんの特ケーキ。
 これもとっても上品で美味しかったです。
Sn3s0024
※手作りのお餅を炭火で焼いたぜんざいです。
 最後には、お餅の数が足らないというハプニングに(+_+)
 良い勉強になりました。
Sn3s0025
※横輪桜まつり名物になりつつある相可高校弁当。
Sn3s0027_2
来週日曜日も再リベンジで出品します!
 
WAKUWAKU7も何か珍しいモノを出品しようと企んでおります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横輪桜まつり出店準備

はいはーい!WAKUWAKU7ですヽ(´▽`)/
 
昨日、4月1日(日)の午後から、慎ちゃんと二人で今週7日(土)と8日(日)の横輪桜まつりに、出店者さんたちの場所作りをしてきました。
 
楽農村が担当するのは、産直の風輪から矢持町に向かって200m程行った進行方向右側の惣松さん宅のガレージを使用させて頂きます。
 
トラベラー西井の持って来てくれたプロが使用していたカーテンを惜しげもなく活用させて頂きました。
 
ビフォー・・・
Sn3s0020
アフタァー!
Sn3s0022
想像していたよりも上手くいきました!
そんなこともあるモノなんですね。
 
出品内容は、スゥイーツ系が中心となり約10品目を販売いたします!
 
その隣の広場でも出店者もいて、その広場の丸太の椅子に座って、ゆっくりのんびりとおくつろぎ下さい。
Sn3s0023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“風の宿”ときわ荘

はいはーい!WAKUWAKU7です
 
3月30日(金)に、藤川くんに誘われて、人力車で日本一周をし、伊勢で唯一の人力車をひく男、山田祥平さんの“風の宿”ときわ荘に夜の10時からおじゃまして来ました。
 
ここは、いつでも誰でも出入りが出来るコミュニティーハウス。
とても素敵な空間。。。
 
滋賀からやって来た女性や「ただいま~」と帰って来た薬剤師の男性、それに間借りしている男性など、面識の無い人たちでもすぐに打ち解けれる不思議な空間でした。
Sn3s0008
山田さんは、とても誠実な方で誰とでも仲良くなれる不思議な魅力ある男性。
この謎は、会って話をすると、分かる人にはスグに分かりますよ。
 
とても伊勢を愛してくれて、とても夢が豊富で、言葉より実行の早い人。
 
この夜の話も盛り上がり、WAKUWAKU7が以前からやりたかった事をときわ荘で実現させてもらうことになりました!
 
それは、2000年4月8日から2006年3月31日までNHK教育テレビで放送されていた討論番組の『真剣10代しゃべり場』の伊勢バージョン!
人数は5~10人ぐらいで一つのテーマを色んな方向性から考え語り合う。
そして最後には、テーマから思い浮かぶ最初のイメージとはかけ離れた所にまで到達してしまうという内容にしていきたい。
それは、ぼく自身の鍼灸の仕事で、殆んどの患者さんの症状の原因がストレスからくるモノであるということ。
そしてそれらの症状を緩和する一番の近道が、自分の意見を誰かに話するということ。
これがマンツーマンでも可能だけど、複数での話合いの方が効果が大きいと感じている。
テーマは一つだけれど、そこから色んな方向性のある見方があると氣付いた時に、人は何か変化があると信じています。
それが成長なのか、人と人との化学変化なのか、それはやってみてからのお楽しみ!
で、そんな事をやっちまおうって、山田さんと話合った。
山田さんのアクションは早いから、次回の話合いで決まっちゃいそうです。
大の大人も真剣に話したってええじゃないか!
決定したら、このブログでも告知しますので、お楽しみに!
 
いや~、この夜は話し込み過ぎて、帰ったのは午前2時半でした。
帰りに少しだけ雨がパラついてきたけど、ちゃんとイメージしたよ。
「自宅付近までは雨に降られずに、自宅に到着するかしないかギリギリで雨が降ってくる!」って。
ちゃんとイメージ通りに、無事濡れずに帰宅することが出来ました。
プラスイメージ、めちゃ大切&重要ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »