グルメ・クッキング

横輪芋料理 その①

ジャジャーン!ワクワク7 です(*゚▽゚)ノ

先日、「わくドキ!」というテレビ番組で横輪町が紹介されました。
その時に、作っていた横輪芋料理も一緒に紹介していたので、自宅で再現してみました。

まずは用意するもの。

横輪町でとれた米のご飯をどんぶり一杯分。

20091221_ca390040













摩り下ろした横輪芋適量をお好みでかけます。

20091221_ca390043













あと、ナンセイ養鶏さんから販売の「奥伊勢五ヶ所湾の鯛玉子スープ(あおさ入り)」のフリーズドライ5食入り(500円)を用意します。
これは横輪町の産地直売所 風輪で売られている人気商品です。

20091221_ca390037













20091221_ca390039













これを別の容器に入れて、お湯を掛けて戻します。

20091221_ca390042













そのスープをご飯と横輪芋の入ったドンブリに入れます。

20091221_ca390044













おお~(*´Д`*)
懐かしい幸せな味゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
横輪芋は、餅のように粘り気が強いです。
それを少しづつ混ぜながら、又はそのままズルりと飲み込み喉越しを味わう。
ワサビを入れても良し!
簡単でリッチな味わいを是非お試しあれ♪(o ̄∇ ̄)/

20091221_ca390045









| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品開発 試作品

現在、横輪町の名物「横輪いも」を使った商品開発のために、幾つか試作品を作っては食べてを繰り返しています。

ここで気を付ける事は、横輪いもの特徴。

これだけの量の横輪いもを使うと、横輪いもの特徴を知ることが出来ました。

粘りが他の芋系より強い!

横輪いも独自の香がある。

風味が濃い。

水には溶けやすい。

などなどです。

普通の山芋風に食べると、とても美味しいのですが、加工すると少量でも「横輪いも」が出てきます。
「ほんのり」どころではありません。

やっぱり横輪いもは「横輪いも」で食べるのがベストなんだろうかと考えるぐらい個性の強い食品です。

自分のイメージに合わせなければ、幾つか商品開発出来ると思います。
でも、自分のイメージに合う商品にしたいと強く思っています。
それと他には無い一工夫。

こんなところで愚痴るのも何ですが、商品開発費が欲しいです。
無ければ道具や材料、そして専門家のアドバイスが必要です。

色々試してみたいです。

そして横輪町には、横輪いもと横輪さくらが横輪町にしかないものです。
横輪さくらは、スモーカー小林を中心に進めています。
あとは、横輪いも・・・。

さあ、これを読んでいるあなた!
次にワクワク7と会う時には、良いアドバイスを宜しくお願いしますね(・∀・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

栗ごはん

こんばんは、慎ちゃんです。

今日は、女房が栗ごはんを、作ってくれました。happy02

親父が実家のある、津市芸濃町の山奥で、山栗を沢山貰って

きたので、昼から2時間位かけて、実を剥いてくれていました。

私も子供達も、大喜びでした。happy01

まだ少しのこっているので、美味しい栗きんとんを、期待しています。heart04

春・夏・秋・冬・四季がある、日本の田舎って、最高。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)