竜ヶ峠

☆『平家の里エコツアー』☆のお知らせ♡

紅葉の「“竜ヶ峠”散策」と「牡丹鍋」と「講談」
平成25年12月1日(日)

紅葉の竜ヶ峠(伊勢市矢持町から神宮林を抜けて内宮へ続く道)を散策する人気の「平家の里エコツアー」です。


矢持町の語り部・中瀬誠一氏の案内で竜ヶ峠に登り、矢持町の古民家で「ボタン鍋」で昼食。

そして、中瀬氏による講談、「覆盆子洞と竜ヶ峠の合戦」をお聞きいだきます。

〇集合場所と時間
 平成25年12月1日(日)
 8:45~9:00 矢持町・久昌寺 

〇9:00 出発(久昌寺)~竜ヶ峠登頂部辺りを折り返し

〇12:30 矢持町古民家で昼食
       “ボタン鍋”とおにぎり

〇13:30 講談・講師 中瀬誠一氏
       平家落人伝説「覆盆子洞と竜ヶ峠の合戦」

〇14:30 解散


◎会費:1,000円(小学生以上)

◎雨天:中止

◎服装:山登りをしますので、動きやすい服装

◎持ち物:飲み物他 ※火器厳禁

◎参加締切:11月27日(水)まで

◎定員:30名(先着順)

☆申し込み・お問い合わせ
 伊勢志摩国立公園協会 0599-25-2358
 〒517-0001 三重県鳥羽市鳥羽2383-22

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沼木ふれあいウォーク

はいはーい!ワクワク7ヽ(´▽`)/
1週間遅れの更新です。
 
先週の3月11日(日)に、横輪町の隣町、矢持町での『沼木ふれあいウォーク』に「竜ヶ峠を守る会」として慎ちゃんと一緒にスタッフ参加したきました。
参加者約200名強の大所帯です!
この人数で竜ヶ峠を登ります。
 
ぼくは、愛機アドレス125Vに乗って朝の8時半に沼木郵便局へ。
そこから自転車で集合場所の矢持町まで自転車で移動するという元気いっぱいの中学生集団の最後尾で、みんなの安全を見守りながら現地に到着しました。
Pap_0000_2
出発地点は、矢持町にある「みどり保育園」。
Pap_0003_2
出発するまでにも時間が掛かりそうですcoldsweats01
Pap_0004
ぼくはバイクで竜ヶ峠の中腹まで行って、主催者を後ろに乗せて最後尾から先頭集団まで運んだり、足を捻挫した人を運んだりしていました。
 
山の中は、栄養豊富なのかミミズがとても太くて巨大でした。
Pap_0009
333mの竜ヶ峠の頂上で各自持参のお弁当を頂きましたが、人数が多過ぎて1班から6班まで分けた班が全て同時には頂上には集まれませんでした。
 
みどり保育園に帰って来てからは、竜ヶ峠を守る会会長の中瀬誠一さんの奥さんを中心に、豚汁とぜんざいを無料で頂きました。
とても美味しいかったです。
Pap_0010
運動場の舞台では、今年の4月4日(水)から日本クラウンよりメジャーデビューする「中西りえ」ちゃんが歌を披露してくれました。
その日は、洋装だったのでリエちゃんから声を掛けられるまで気が付きませんでした。
女の人は、服装や髪形を変えただけでも雰囲気はガラリと変わるものですね。
Pap_0017
最後の方で、みどり保育園の園長さんとお話する事が出来て、園内も見学させて頂きました。
Pap_0016

とても懐かしい雰囲気で、窓から見える景色は自然に囲まれているようでした。
Pap_0014
こんな保育園で育った子供はゆったりとした自然を愛し懐かしむ大人に成長するんだろうなと感じました。
ここに通っている園児も、自宅は遠いけれど自然に囲まれた保育園だからと言って通園させている保護者ばかりだそうです。
あと、耐震補強に木材を使用しているところも、安心感が持てる雰囲気を醸し出していました。
Pap_0011

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜ヶ峠・サザンカ植樹

はいはーい!ワクワク7です

 今日2月26日(日)は、竜ヶ峠を守る会スタッフとして裏方作業をしてまいりましたsign01

その前に「僕にもできる森づくり!」鋸谷式森づくり勉強会進行状況の報告sign01

順調に参加者が集まっていますnote

大企業さんも興味を持ってもらっているという報告もありの驚きsign01

めったにお会い出来ない人にもダメ元で連絡してみると、ハードスケジュールを調整して参加してくれると連絡を頂きました。

みなさん、ありがとうございますsign01

それに、もっとビックリなのが、3月20日(火)には、森の環が主催する県外の人たちの森の勉強会イベントが開催します。

それも参加費が4,500円という高額でありながらのソウルドアウトscissors

それも告知してすぐですsign01

3月18日(日)の勉強会の講師でもある鋸谷茂先生の人気は、その世界では全国的に凄いものがあると改めて再認識しました。

さて本日の活動は、なんでも伊勢志摩国立公園協会?なる団体が竜ヶ峠に登り、サザンカの苗を植える作業を手伝うというもの。

ぼくは、竜ヶ峠を守る会会長の中瀬誠一さんの奥さま手作りお弁当の配送係。

配送前に、少しだけ弁当の中身をいただいちゃいましたbleah

Pap_0019
 
しかーし、のんびりゆったりの配送係じゃあな~い

不慣れなミッションの人の車で、左側は山の斜面が迫り、右側はガードレール無しの川。

そして非常に狭い道で、鋭利な切り口の岩がゴロゴロ・・・。

超怖いよ~

そんなこんなで、竜ヶ峠の車で行ける限界ギリギリの中腹地点に到着。

Pap_0027
 
そこから又、竜ヶ峠の頂上までの中間地点でサザンカを植樹。
Pap_0025
竜ヶ峠の頂上は、標高300mを超えるので、ザンザンカは成長しません。

なので、竜ヶ峠の3分2まで登ったところぐらいでサザンカの植樹は終了。

Pap_0020
 
その時の植樹で、指導と説明をして頂いた伊勢市文化財調査会委員で樹医の岡 興一さん。

86歳ですがとてもお元気でパワフルshine

Pap_0021
ぼくの自宅近くの大仏山では、グリーンアドベンチャーなるものも開催clover

自宅裏には、大金を注込んだ自然環境を凝縮した植物園なるものも製作中sign01

話をお聞きすればするほど、専門知識が満載happy02

今回、3月18日(日)に『「僕にもできる森づくり!」鋸谷式森づくり勉強会』を開催します。

そこで、新たに結成した風の谷・森づくり委員会の活動にも正直まよいもありました。

それは、プロでもない素人に毛の生えた集団に何が出来るのかsign02

勉強すれば、するほど迷宮入り・・・。

そこで、樹医の岡 興一さんに質問してーみたんです。

「本当は、専門的に間伐活動をしたいけど、所詮、知識があってもそれを生業にしていない素人。そんなぼくらに出来る事って何ですか?」って。

すると岡さんが「まずは、地元の山に自制している植物を観察して知って下さい。今回のサザンカの植樹も本来は、よその国から拉致して来て、外来種を放すようなもの。自然界のバランスを崩すことになる。それを調査・観察して、その情報をみんなに伝えることが役目だと思うよ。それはねプロの人たちにも必要な情報だから。」

今朝まで悩んでいた事が、パーと解決しちゃいましたflair

専門家の言葉は、パンチが効いていますよね~happy01

お昼になったので、みんなで誠一さん奥さま手作りのお弁当を頂きま~す。

Pap_0030

それも昨日の夜から寝ないで作成したお弁当なんですよ。

まいう~な、お弁当を心して頂きましたriceball

Pap_0029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

××(チョメチョメ)まつり下見

竜ヶ峠と言えば・・・と言われてしまうトラベラー西井です。

日曜日はその竜ヶ峠へ行ってきました。

目的は、××まつりの下見に是非来てくれと誘われたので。

数名なのかと思ってたら、なんと20名ほど。

201201290853000

××まつり自体、200名の予定らしいのでそれくらい必要なのかな?

僕が下見に付いていく必要があるんだろうかと思いながら出発。

普通、竜ヶ峠といえば矢持から歩き始める(または逆ルート)。

今回は横輪から往復となっているのが新鮮でした。

横輪から矢持は当然舗装道路なわけですが、車はたまーにしか来ず、天候に恵まれたこともあって、川沿いに歩くのは気持ちがいいものですね。

201201290942000

歩きながら、幹部の方々は当日のイメージをいろいろとされていましたが、結局矢持が起終点になったようです。

途中で脱落されても大変だからと。

201201291130000

僕は結局約12km歩き、途中お弁当をいただいただけで役立たずって感じ・・・

だけど200人も一度に登って大丈夫なのかが一番心配。

当日は我々に誘導をお願いしたいとのこと。

まあ一般参加はできず、地元の方々だけのおまつりなので大丈夫なのでしょう。

横輪に帰ってきたらワクワク7さんのバイクを見つけ、新しい構想話に花が咲いてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011竜ヶ峠道づくり

はいはーい!ワクワク7ですヽ(´▽`)/

先日12月18日(日)は、朝9時から内宮側から竜ヶ峠の頂上までの道づくりをしました。

出掛ける時、バイクのシートが霜で凍っていました。
とても寒い一日のスタートです!

メンバーは竜ヶ峠を守る会会長の中瀬さん、多田さん、喜子さん、トラベラー西井、慎ちゃん、そしてワクワク7の6名で道づくりをしました。
去年より大勢です。

このメンバーの中では、一番ワクワク7が体力がありません(ノ_-。)

20111218_ca390156

この森は、神宮の原生林です。
20111218_ca390158

落ち葉の絨毯です(*^.^*)
20111218_ca390159

小さな葉の紅葉は、とても可愛く綺麗でした(*゚ー゚*)
20111218_ca390162

この景色は、竜ヶ峠の頂上付近から見える風景です。
写真では分かり辛いかもしれませんが、景色の先に伊勢湾の海が見えています!!(゚ロ゚屮)屮
20111218_ca390164

頂上から見た景色です。
緑の亀甲ネットで囲われているのは、横輪桜と冬桜です。
これは、伊勢ポイントカードさんが植樹しました(゚▽゚*)
20111218_ca390165

なななんと、冬桜が咲いていました。
20111218_ca390167

寒い冬に、桜を見るなんて何だか妙な気持ちになります。
20111218_ca390168

人生の先輩、多田さんは黙々と道づくり作業をこなす真面目な方です。
20111218_ca390169

会長の中瀬さんと慎ちゃんがガンガン、先頭をきって道を作って行きます。
ぼくも、とても冷え込むのに作業をしていて汗ダラダラになりました。
20111218_ca390170

ちょいと写真はボケてしまいましたが、中瀬さんから借りた鎌は、恐ろしい程の切れ味でした∑(゚∇゚|||)
片手で、柔らかい草木もザックリと切れてしまう切れ味です。
山の道具は、良いモノを使い続けていきたいものですね。
20111218_ca390172

この写真も少しボケているので分かるかなぁ~?
この緑の小さな葉っぱ全てが、可愛いハート型なんですぅ~ヾ(´ε`*)ゝ
この木は、竜ヶ峠に一本だけでした。
見つけた人は、恋愛成就するかも?
20111218_ca390173

今回の竜ヶ峠の道づくりは、大勢だったせいか体力的には、まだまだ大丈夫でした。
後日、腕はパンパンになりましたが・・・。

来年3月11日(日)【予定】には、竜ヶ峠越えイベントの開催も予定していますので、みなさん参加のほど宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神宮林を抜けて伊勢の里山を訪ねました

トラベラー西井です。

4月24日(日)、無事「神宮林を抜けて伊勢の里山を訪ねる」が開催できました。

当日、この上ない快晴に恵まれ、新緑も最高、気温も最高の中、進むことができました。

宮川ルネッサンスの19名に加え、竜ヶ峠を守る会で11名が集まり、スタッフ6名の総勢36名。

家族連れ・ご夫婦やお一人で参加の方など、バラエティに富んでいました。

最初の約1時間は舗装路ですが、快晴で新緑の中を歩くのが大変清々しく、春を満喫。

S201142

途中、案内人・中瀬さんの説明を聞きながら進みます。

S201146

いよいよ神宮林へ。

これまで冬にしか入ったことがなかったのですが、足元はシダ類が元気に伸びており、草木の様子が違います。

そして、もみじは新緑全開。陽射しを浴びてもうそれはすごくきれい。

S201144

もみじって紅葉の時期に脚光を浴びるけど、僕は新緑の方が好きかも。

標高を稼いでいくと、椿の花が至る所に落ちていました。

3月頃に来ると椿の神宮林を楽しむことができそう。今年は特に多いと聞きましたが。

S201145

出発してから2時間半。ようやく竜ヶ峠に到着。

これだけ時間がかかると、頑張ったなぁって感じですね。

休憩の後、伊勢の里山・矢持町へと下りました。こちらは1時間かからないほど。

下りは短い方が気が楽ですね。

2011424_ca390012

登山口にある久昌寺では、中瀬さんの奥さんと我が楽農村のワクワク7がお茶とあられの用意をして待っていてくれて、ほっと一息つきました。

2011424_ca390019

山を歩いた後に、この静かな里山でほっと一息は落ち着きますねぇ。

2011424_ca390020

2011424_ca390021

竜ヶ峠越えの最大のヤマである、出発地への足ですが、今回は伊勢国際観光さんがありえないほどの大変格安でバスを手配していただき、28人乗り満員でプロドライバーの安心な運転で宇治橋前へと帰ることができました。

竜ヶ峠を守る会では、今後に繋げるためのモデルコース実践という目的も持った今回でありましたが、大成功と皆さんからお墨をいただきました。

トラベラーの知識がいくつか活かせたようで、光栄な限りです。

冬~春にしか企画できませんが、年に数回このパターンで企画していければと思います。

今回参加いただいた方々、ご尽力いただいた方々、皆さんどうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の日曜日は

トラベラー西井です。

「<新緑の>神宮林を抜けて 伊勢の里山を訪ねる」、いよいよ今週末の日曜日となりました。

宮川流域ルネッサンス案内人の中瀬さんが以前から新緑時期にやりたいと言われてた竜ヶ峠越え。

今回は、内宮の奥にこんな神聖な山があり、抜けるとのどかな里山があって、ほっとしていただく。

そして、通り抜けしても出発地に簡単に帰ることができる。

そんな、竜ヶ峠を守る会の想いが詰まった今回のご案内。

里山から宇治橋前まで帰る足が確定しました。

な・なんと、29人乗りバスが10500円!

21人乗ったら、1人500円。

トラベラー西井の知識が活きた!?

いつもこの値段にしてもらえるかどうか分からないけど、今後の伊勢古道「竜ヶ峠越え」企画を開催するにあたり、とても参考になりそうです。

締切は21日(木)でまだ空きはありますので、興味を持たれたらぜひお申込下さい。http://miyarune.cool.ne.jp/new/news/news201104.htm#jgr

| | コメント (3) | トラックバック (0)

神宮林を抜けて 伊勢の里山を訪ねる

先日行なわれた「竜ヶ峠を守る会」で決定した、次回の竜ヶ峠ハイキングですが、トラベラー西井が口を出したばかりに仕切らせていただくことになりました。

今回のタイトルは、「神宮林を抜けて 伊勢の里山を訪ねる」。

宮川流域ルネッサンスのご担当の方にご指導いただきながら、募集へとこじつけました。

http://miyarune.cool.ne.jp/new/news/news201104.htm#jgr

↑の2項目目

今回ならではの特長をいろいろ会議してちりばめましたが、いろいろと法規に抵触してしまうかもしれない部分があることが判明し、この内容となりました。

キーワード

新緑

神宮林を抜けて伊勢の里山へ

伊勢の里山でのお話・風景

通り抜けて、あとは車で戻る

今回うまくいけば、今後定期的に開催していきたいと考えています。

新緑が過ぎるとヒルが出ますので、晩秋から早春になると思います。

山を下りた時に、ほっとやすらぐ里山で地元の方々の歓待を受けられることを勝手に期待していたり・・・

募集要項は上記URLに載っていますので、たくさんの方々のご参加をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜ヶ峠を守る会会議

こんばんは、ワクワク7ですヽ(´▽`)/

先日2月18日(金)夜9時から加藤鍼灸院 で竜ヶ峠を守る会会議を開催しました。

竜ヶ峠を守る会会長の中瀬さん。
市議会議員の広さん。
2011225_ca390003

多田さん。
ポイントカード代表さん。
2011225_ca390002

楽農村メンバー全員が参加しました。
2011225_ca390004

竜ヶ峠の自然を守ろう!
竜ヶ峠を中心に伊勢志摩の地域活性化をしよう!
様々な意見が飛び交いました
楽農村も様々なことを経験したり、勉強しているので、これからの竜ヶ峠を守るのには補助金や市・県・国に頼れないことは重々分かっています。
又、それなりの団体と連携していかなければなりません。
最小単位での活動でも、竜ヶ峠を守っていけるよう活動資金も必要です。
それもこれも全て自力で行なわなければいけません。
それら全ての、思い・知識を竜ヶ峠を守る会のみなさんで共有して進めていきたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊勢参宮古道越え神宮初詣

みなさん、こんにちは。happy01

慎ちゃんです。

伊勢市は風も強くとても寒い日です。

昨日は、伊勢参宮古道の「竜ヶ峠」を越えて、伊勢神宮(内宮)へ初詣。
と言う事で、8時30分に矢持町を出発して、11時30分頃に内宮前に到着しました。
私は、7時にワクワク7を迎えに行き、7時30分に猿田彦神社前で3名を乗せて集合場所の久昌寺へ8時に着きました。
私達も楽農村を代表して主催者側に入り、お手伝いをさせていただきました。

伊勢市横輪町と矢持町は一宇郷地区ともいいますが、平家の落人の村としても知られています。
矢持町菖蒲には知盛山久昌寺という寺があり、平家と縁があります。
平知盛は壇ノ浦の合戦で源義経に敗れ、安徳天皇をはじめ平家一門の入水を見届け自らも海に身を投じ果てた。
が、伝説によると知盛は、実は生き延び、平家の再興を願い、従者30人と共に、紀州の南海を廻り、五ヶ所湾あたりから山越えをして、前山に隠れ住んだ。その後神宮長官の保護を受け、北条時政による探索をのがれ、鷲嶺の峰をこえて菖蒲の里に移り住んだ。
その知盛の死後、菖蒲の墓地に御堂を建て菩提を弔ったのが、「知盛山久昌寺」である。
ここには「当地草創久昌寺殿従二位新中納言平庵知盛大禅定門」と書かれた位牌が祭られている。
「伊勢志摩きらり千選」HPより参照

久昌寺では、案内人の中瀬さんの説明を聞き、お寺の鐘をゴーーンと突かせていただき、今年も良い事が起こりそうな予感が・・・。

P1010233

P1010234

P1010236

参加者は約20名で、4歳の女の子から70歳超えのおじいさんまでがんばって峠道を歩いていました。
途中には、第二次世界大戦の時に地区の護衛に付いていた兵士が炭を焼いていた釜の跡や茶屋の跡地、平家の時代の合戦の云われのある「隠れ岩」や「馬落とし」など、所々で中瀬さんの解説が入り、とても楽しかったです。

P1010237

P1010238

峠口から頂上までは、1時間弱で着きました。
風もそれほど強くなく、日差しが心地よい頂上での休憩となりました。
アイティービーさんからも3名の取材陣が一緒に登り、参加者さんにインタビューをしていました。

P1010239

頂上での休憩を終えて、今度は内宮側へ下ります・・・。
下りは神宮林を通るので、登りの植林の山とは雰囲気がガラリと変わります。
所々には小さな滝もあり、昔の人達の生活道路としての一面も感じる事が出来ました。
内宮の裏側の高麗広地区に12時少し前に着き、内宮までゆっくりと歩き内宮前に12時30分頃に到着しました。

私とワクワク7は、帰りに横輪町の畑に寄ってお世話になっている惣松さんに挨拶をしてきました。
そしたら、畑のすぐ横に「フキノトウ」が自生しているのを教えてもらい収穫してきました・・・。

P1010243

P1010244

「伊勢参宮古道」の初詣に参加していただいた皆様、お疲れ様でございました。
皆様にとって、幸多い年となりますように。
企画運営者の中瀬誠一様、日頃からの古道の整備活動、身体の優れない中、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧