講演会

第2回 身体を知るワークショップ

はいはーい!本日2度目のワクワク7ですヽ(´▽`)/

先日、6月19日(日)は朝の10時から志摩市の古民家で、第2回身体を知るワークショップを開催しました。
わらいふ さんとのコラボです。
2011619_ca390004
今回は、ぼくの幼なじみの親友Tやん(♂)と患者さんのOさん(♂)も参加しました。
親友Tやんの前でのミニ講演会は、少し緊張しました。
参加者は、前回と違うメンバーで新鮮でした。
2011619_ca390003
ぼくが入ってきた時に、みなさんが「こんにちは~happy01」って元気よく挨拶してくれたのと同時に「鍼灸の先生は、まだ来ないの~sign02」ってヨーガの先生に質問している参加者さんがいました・・・。
ぼくって、まるっきり先生の雰囲気ナッシングなんですねcrying

ぼくの話は、今回何だか自分自身納得のいかなかない内容のように思われたのですが、今回のヨーガ体験は事前に説明があったのでイメージがしやすく、時間を忘れてリラックスしながらヨーガ体験することが出来ましたcherryblossom
2011619_ca390005

今回も祥子先生の美味しい手作りカレーとパンをランチで頂きました。
下の写真はボケボケですが、ほんのり甘いバナナケーキと素朴な味のクッキーを頂きました。
2011619_ca390006

次回のワークショプは秋になります。
楽農村メンバーには、精肉店の慎ちゃん。
美容・理容師のスモーカー小林。
旅行好きなトラベラー西井がいるので、各得意分野の健康に共通する食や日用製品の取り扱いや注意事項をワークショップにプラスすれば素晴らしいコラボになると考えています。
彼らの話は、普段生活していると聞けない内容です。

心と身体に余裕を持たせてくれるヨーガclover

この出会いは、ぼくにとっても楽農村にとっても、良い意味でのターニングポイントになりそうですhappy02note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月度第1回青年部会

ふぁ~いワクワク7 ですヾ(´ε`*)ゝ

先日アップしました『成功前の氣付き 』シリーズを読んで、熱いコメントまで頂きありがとうございました。
「夢」という題材は、本当に一番自分の中で重要な部分だったので長文となってしまいました。
その次に続く題材も、自分なりの納得いく解釈に悩み続けていたものですので、もう少しだけワクワク7のみなさんに伝えたい気持ちにお付き合い下さい。

さて3月13日(土)は、小俣町商工会青年部 の会議が19時から開催されていました。
ワクワク7は仕事の関係で一時間弱程遅れての参加でした。

僕が到着した時には、小俣町商工会青年部会員である床ノ木窯 代表 川西泰二郎 氏(以後 泰二郎さん)を講師に『民芸とは・・・』の講演が始まっていました。

2010313_ca390002

泰二郎さんの補助として、小俣町商工会青年部員のふじた大助 (衆議委員議員 民主党三重県第5区総支部長 以後 大ちゃん)が久しぶりの参加をしてくれていました。

「用の美」「雑器」「民芸運動」について2人に熱く語って頂きました。

2010313_ca390003
上の写真は、泰二郎作品のほんの一部。
これ以上に味のある作品が並べられていました。
http://mall.cau1.com/t/gallerybien3174/item3855409.html
https://sv50.wadax.ne.jp/~gallerybien-com/62_490.html

そこにワクワク7と坂本くんが参戦。
「これでもか!」と言うほどヒートアップしましたΣ(`0´*)(`0´*)

国会議員になった大ちゃんも、こんな地元青年部に以前と変わりなく論議してくれました。 

泰二郎さんも大ちゃんも「民芸を題材に、こんな展開になるとは・・・」と疲れきっていました。

その後は、大ちゃんの地元事務所に集まり、夜更けまで国政についてや地元問題について熱く語り合いました。
こんな地元の若い人たちや、地元密着型の若い国会議員を見ていると伊勢志摩地域の未来にワクワクしているのは僕だけでしょうか(*^m^)

2010313_ca390004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村文昭&スポンジマン

はーいsign03
ワクワク7ですhappy02

さあさあ、今回のブログは興奮しまくっているから長文になるよ~。
たぶん意味不明の内容も書くかもしれんけど、最後までちゃんと読んでくれる人っているのかな?と思いながら書き始めますsmile

昨夜、行って来ましたsign03
伊勢市商工会議所主催のビジネス創出プロジェクトの一環で『今そして未来の伊勢の商工界活性のたねの「種まきと育成」志・創出イベント☆伊勢再生』で、その講師に(有)クロフネカンパニーの代表取締役 中村文昭 氏の講演が約2時間ありました。

会いたかった~lovely
中村文昭 氏を知ったのが、去年の6月頃。
大阪に住む親戚から「一回聴いてみsign01」と言われ郵送されて来た1枚のCDcd
聴いてみると、なんと中村文昭 氏の出身は三重県の宮川町sign01
中村文昭 氏の噂は過去、現在休刊になっている「Edge」の特集で読んだだけ。
まさか三重県の地元の人の話が、大阪から逆輸入されるとは思いませんでした。

あれから一年・・・。

念願の講演会が、それも僕の大好きな“無料”で聴けるチャンスがやって来ましたhappy01

18:30開演なので、お盆休みが無い代わりに診療を2時間早くに切り上げ、前列の席を陣取ろうと考えていました。

しかし、最終夕方5時に診療予約が入り、現地に到着したのが18:25shock
若い人たちで満席になっていました・・・。
仕方なく真ん中辺りの空いている席に座りました。

しかーしsmile

よくよくeye見ると最前列のド真ん中の席が、空いているじゃあ~りませんかcatface
コソコソって言って、後ろの席の人に「ここって空いていますか?」と確認をとって陣取らせてもらいました。

司会進行役が、安藤塾株式会社 代表取締役社長の安藤大作先生。
僕の中2になる息子が、お世話になっている塾の塾長さんです。
変な意味で、微緊張しました。

早速、中村文昭 氏の講演会が始まりました。
「2時間って長げぇーcoldsweats02」と心ツッコミを入れちゃいましたが、講演会は「あっ」ちゅう間に終了しました。

以前、親戚から渡されたCDと、ほぼ同じ内容なのに一年前に聞いた感じと、現在聞く感じ取り方は全然違うモノでした。

今、聴いた方が自分的には気付きが滅茶苦茶多かったです。

確認の気付きでした。

質疑応答の時間もちゃんとやりました。
ワクワク7恒例の一番先に、手を上げて目立つこと。

当日着ていった服も、白地に横黒シマの目がチカチカする目立つ服装で行きましたt-shirt
それは、全て最後に名刺交換をする時に印象付けるため。

でも講演会終了後、名刺交換しよう思ったら伊勢市商工会議所ビル3階にある、応接室に入っていってしまいました。

でもここまで来たし、折角目立ったんだから引き下がりませんsign01

応接室には、商工会議所副会頭さんや各大手会社の社長さんがいる中に、応接室から出てきた安藤大作先生を捕まえて応接室に侵入し、全員と名刺交換することが出来ましたhappy01
ただ、全員と握手することを緊張していて忘れた事だけが、もんの凄い心残りですcrying

中村文昭 氏と安藤大作先生は僕と同い歳。

収入や地位の差より、輝きと実行力の差を感じました。

「同い歳」というのが、悔しいのやらジェラシーのような気持ちが込上げてきました。

「何で僕は、この歳になるまで全精力を賭けるだけの夢(目標)に、気付かなかったんだろう・・・。この輝きと行動の経験値の差は大きくひらいている・・・」

しかーし、気付きましたsmile

ワクワク7は、スポンジマンにもなろうとhappy02

今までは、何かと自分より輝いている人の経験と実績を比較している自分がいました。

中村文昭 氏の講演会の中で
「人間の値打ちは金の出口。何に使うかが問題。ブランドの服や高級車に乗るのは、他人との比較を気にしているからや。18歳までは学力。社会に出たら人間力やsign01

この言葉を自分自身に置き換えてみました。

輝きや経験値による他人との比較。

僕は僕。

自分は自分。

中村文昭 氏とは違う人生経験を価値あるものにすれば輝くはず。

それには自分自身がスポンジマンになって、色んな分野で輝いている人たちから良い気付きをスポンジのように吸収していけば、自分の人生も光出すはずやsign01と確信しました。

この悩みって、実感出来る人っているのかな?

もしかして、こんなヘンテコな悩みってワクワク7だけなのかな?

まあいいやhappy01

今回の中村文昭 氏の講演会は、ワクワク7にとってスポンジマンに変身出来る、気付きの時間やったからwink

なんだか出会いに貪欲になってきた。

沢山の輝いて行動力のある人たちに出会いたいsign03

もっともっと気付きたいsign03

最後まで、僕のブログを読んでくれた人ありがとうhappy02

中村文昭 氏の講演で気付きのあった言葉を少し紹介して終わりとします。

みんな、この言葉で幾つ気付きが生まれるのかな?

「人間を職業や出身学校で判断してしまう悪い癖を治す」

「大学名より何の為に、どんな思いで学校に行くのかが大事」

「生き様は死に様」

「人を喜ばせる事が大切。素直が大事。素直でなければ人は屁理屈を言う」

「出来るか出来ないかではなくて、やるかやらないか」

「今、出来る事を積み重ねた事が、5年・10年後になる」

「明日は来ない。明日から禁煙すると書いてある目標と一緒」

「大変な時こそ、出すのが元気note

「口癖一つで、人間関係が変わる。全てが感謝に変わる」

「欠ける部分を楽しめるか、どうかが大切」

「長所が光輝いている人は、短所が味わいになる」

「昨日の自分を毎日少しでも越えるsign01(努力を)休む日はつくるなsign03

「自分の命は、子どもや孫から預かった命」

「ハンディキャップの真裏に、やる気スイッチがあるsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)