気付き

養蜂の勉強 パート2

みなさん、こんにちは。happy01

慎ちゃんです。

昨日は、13時30分から「小俣まちづくり協議会」の会議に参加して来ました。run

内容は、来年度の大仏山への桜の植樹場所の決定と関係団体さんとの打ち合わせでし

た、まちづくり協議会から4名・小俣土地改良区から2名・宮川用水から2名でした。

その後に続いて、小俣中学校で校長先生と8月の「おばたまつり」に、学校のグランドを使

用させていただけるようにお願いに行きました。runrun

実行委員長と伊勢市議のY氏、そして私の3名でお伺いしました。

私は行かなくてもよかったように思いましたが・・・。coldsweats01

校長先生より、「おばたまつり」のグランドの使用の許可をいただきました。

子供達がクラブ活動に使うグランドですので、綺麗に事・車の乗り入れや公社への立ち入

り禁止・行内の禁煙など、当たり前の事ですが守られない場合は、次回からの使用を断る

事もあるとの事でした。

18時からは、知人の工場で「日本ミツバチの蜂蜜を採るので良かったら見に来い」との、

お誘いをいただいたので行ってきました。runrunrun

前日に巣箱の掃除をするのに箱をチェックしてみたら、思ったより巣が大きくなっていて、

蜂蜜を採ったほうが良いだろうとの事でした。

巣箱は重箱型を独自に改良したもので、非常に工夫をされていました。

P1010333

P1010334

頭に網を被って手袋を着けて作業の開始です。

重箱型の巣箱の一番上を上手に切り取り巣を採ります・・・。

巣は巣箱にビッシリ詰まっていました。lovely

P1010335

P1010337_2

驚くほど巣は綺麗で、蜜がキラキラと光っていました。lovely

P1010339

蜂はそれほど攻撃をしてきませんでした・・・。

作業は蜂を傷つけないように気を遣いながら進められました・・・。

日本ミツバチの習性などを教えていただき、最後には巣を一欠けら頂き食べさせてもらい

ました・・。lovely

P1010340

驚くほど美味しかったです・・・。

流行のスイーツなどよりも、ずっと美味しかったです・・・。

今度は自分で入れた巣の蜂蜜を、子供達に食べさせてあげたいです・・・。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶり・・・。今思う事・・・。

みなさん、こんにちは。

お久しぶりの、慎ちゃんです・・・。happy01

今更ですが・・・、私の家業は、縁あって精肉販売業をさせて頂いています。

親父が創めてから、約25年が経ちました・・・。

その間に、O-157・狂牛病・豚コレラ・鶏インフルエンザ・大企業の食品偽装・等の様々な問題が立て続けにおきました・・。crying

そのほとんどは、人間が根本的な問題を、引き起こした物だと思います。

それにも気付かずに(気付いていても見ようとしない?)、食料自給率が何パーセントで、大変な事だと声を上げている・・・。

私にはとても滑稽に見えるし、ちょっと異常だと思う。

楽農村のメンバーは、その事に気付いているし、何とか良い方向に動かせないかと業種は違えど、前向きに動いていると思う。

第二次世界大戦に日本が敗北をしてから、徐々に国力が削り取られていったように感じますが、戦後65年間の政治にこそ問題があるように思います。

・・・・・・・・・・頼むぞ日本の政治家さんよ・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、ワクワク7と伊勢市矢持町のN氏の所へ、久しぶりにお邪魔した・・・・。

久しぶりすぎて、少し申し訳ない気持ちもあり、初めは少し緊張してしまいました・・・。

矢持町なんて所は、行けば行くほど、自然の素晴らしさに惚れ惚れしてしまうような所ですが、近年の過疎化の波に呑まれて、人口減少と高齢化で何とも成らない事情があります・・・。

最近言われる、「地域主権」は良いのですが、力の無い声の小さい弱い者達はどうすれば良いのでしょうか・・・?

そこにこそ、楽農村の存在意義が問われてくるのだと思います!!

日本の農業従事者の平均年齢は65歳だと言われていますが、あくまで平均でしかないのです、平均が70歳代なんて沢山あります・・・。

地球の温暖化等で、日本の四季が無くなり、日本の亜熱帯化が進んでいる中で、日本の自然に調和した農業などの生産技術が、世界的に注目されています。

鰹節・味噌・納豆・御酒・どぶろく・醤油・漬け物・なれずし・酢・などの発酵食品は世界でも日本が一番です!!、

農民の知恵を継承出来るような、場が有っても面白いのかな?

なんと言っても、伊勢には食の神様が居ますからね・・・。

私は今、楽農村の力も借りて、地元の高校(農業生産技術に力を入れている)が肥育した豚肉の取り扱いを始めました・・・。

地元の子供達が社会に出る時に、故郷に愛着を持って、本気で故郷の事を考えれるように、出来れば新しく農業や畜産業などをやってみようかと考えてくれれば良いなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改めて知り、氣付くこと

ワクワク7です(*^-^)

今日は、福島正伸先生のいい言葉と出逢った。

なので紹介します(*^m^)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ワクワクしている人は、未来のことを考えてる

イライラしている人は、今の状況だけを見ている

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スッキリ!

ひー、さー、しー、ぶー、りー(* ̄0 ̄)ノ

「ブログ長文過ぎて、最後まで読めない!」と大好評なワクワク7 ですヽ(´▽`)/

いやー、ブログ休んでいる間、色々経験しましたぁ~。

悩みもしたけど、頭の中で整理も出来て“スッキリ!”しました。

5月30日(日)は、転々と場所を移動した一日でした(@Д@;

朝8時からは、町内清掃活動!

寝た時間が午前3時頃だったので、一日のスタートからフラフラ状態でした(;´▽`A``

それが終わってからは、勢農会活動の夏野菜学校と伊勢稲作学校への参加。

かなり遅れての参加だったので、駐車場誘導係りは農林課のケンちゃんに任せっきりで迷惑をかけてしまいましたヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

着いた時には、大勢の生徒さんたちがスイカの蔓(つる)を這わせるネット張りをしていました。
20100530_ca390007

20100530_ca390008

20100530_ca390009

トマトも大きくなってきました。
何故だか、畑の端の方から赤く熟してきているのですが、畑の端のトマトからカラスに食べられるという被害が続出してしました。
ぼくのトマトも青いのも一つやられていました(p_q*)
20100530_ca390011

伊勢稲作学校の方は、今回も除草作業です。
子どもたちが妙なテンションで、ギャーキャー言いながら除草作業をしていました。
最近、参加者の子どもたちがワクワク7を見つけると笑いながら近寄ってくるのは何故でしょうか?
20100530_ca390010
夏野菜学校の生徒さんが、終了後も数名残っていたので少しだけ立ち話をしました。
生徒さんの中には、ぼくたちの存在が謎なので、時々話しかけられます(^-^;

楽農村活動の内容を少し話しすると「私もそんな活動や生活に、以前から憧れているんです!」とすぐに理解してくれて話のテンションが2人とも上がりまくりでした。

ここで一つ疑問が出てきました。
いやいや前々からの疑問です。

楽農村活動って、意外と理解され難い内容のようなんです。
美し国おこし三重のコーディネーターや担当者の人たちも然りです。
何度も何度も話会って、少ーしばかり理解してもらえた?ようです。

その時よく言われるのが「何が言いたいのか分からないので、もっと整理して話して下さい」とか「色々過ぎて分からない」と言われます。

そう言われると、ワクワク7の話方が下手なのかな~?とか、頭の中の資料が多過ぎて説明しきれていないのか疑問に思っていました。

でも夏野菜学校の生徒さんのように、わずか数分で理解される人もいます。
この生徒さんの「私も前から、もっと田舎で住みたいとずっと考えていたんです。」の話で氣が付きました。

あ~、なるほど!(゚0゚)

自給自足生活や田舎暮らし、農業や林業、地域の活性化問題に常日ごろから考えている人には、あっという間に伝わるんです。
そんな暮らしなどに興味の無い人たちには、想像出来ないことなんですよね!

思いを伝えることは、話上手とか内容を分かりやすく簡素化するというのもありますが、相手がその事に「関心がある」かとか「常日頃から考えていること」というのも関係してくるのだと氣付けて一つ“スッキリ!”しました。

伊勢稲作学校の途中、携帯に急患さんが来るとの嫁さんからの連絡があり、伊勢稲作学校を早退させて頂きました。
遅刻に早退・・・。
何だか今回、何もお役に立てないまま帰宅しました((;ω;)

仕事(治療)が終わると以前から嫁さんと約束していたランチへ2人で行ってきました。

場所は、地元スーパー 御園ベリー内にあるお店。
最近まで、スーパーの中に飲食店があることに氣が付きませんでした。
そのお店はバイキング専門の『グルメバイキング バナナリーフ』。
靴屋さんの隣で、少し奥まっている場所なので、いつも素通りしていました(゚ー゚;

時間制限は90分で「お料理に使うお野菜は旬のものを使用し、なるべく保存料や添加物を使わないようにしています。」と書いてありました。

ミニ情報によると、このお店のシェフは高級フレンチレストランでシェフをしていたみたいです。

ランチタイムは大人1480円
小学生980円 3歳以上600円です。
ドリンクもバイキングで、黒酢の ドリンクや豆から珈琲を淹れる機械もあって多種でした。

デザートもたくさんあって小さくきってあるので全種類食べることができました。
20100530_ca390013

肝心なバイキング は、本当に沢山の種類がありました。
カレー、ピザ、パスタ、おひたし等等。
普通に、おせち料理に登場する黒豆や漬物などのシンプルなものまでが最高に美味しかったです。
コンソメスープでしゃぶしゃぶして食べるサラダなどもありました。
20100530_ca390012

ディナーもやっています。

お値段は大人1980円、小学生1100円、3歳 以上600円です。
美味しくお腹いっぱい頂けて、久しぶりに幸せを感じられる食事でした(*´v゚*)ゞ

さて食べ終わって少し買い物をして、嫁さんを自宅に下ろしてから急いで横輪町に行きました。

今日は、いつもお世話になっているSさんとの話合いの為です。

横輪町の産直 風輪に到着して、地域住民の方々と話をしながらリサーチしていると突然Sさん登場!
と、その周りには音しゃいメンバーの人や“わらいふ”の祥子さん、泉の楽農会のケンちゃんがいましたΣ(゚□゚(゚□゚*)(*゚▽゚)ノ

その方たちが帰ってから暗くなるまで、Sさんとトコトン話合いました。

これからの方針を考えた時、今まで無駄に過ごしたと思われた事や勉強したことや情報が全てヒントになり、パズルのピースが組み上がるように楽農村活動の方向性が見えて来ました!

今日も色々とSさんから助言をして頂いたおかげです!
Sさんも心底、思いをぶつけてくれました。

テンションぶっちぎりで上がりました!
人に会って話すことは、本当に大事です。

これなら以前から慎ちゃんが心配していたことも解決出来ます。

これから行動する第一歩は、もしかしたら楽農村設立当時に何も分からず考えていた内容になるのかもしれません。
でも今から行動する第一歩は、行動する意味がまったく別物になります。

Sさんが別れ際に「俺がボケる前に、この活動を成功させような!俺ら4人で頑張ろうな!」と言われました。

ん?んんんんんんーん?

Sさん!

既に、人数誰か一人忘れてますよ\(;゚∇゚)/

楽農村は4人ですからー!

一日も早く行動しなければ・・・。

今日一日、氣付きと発見のある感謝と幸せな充実した一日でした(≧∇≦)

楽農村の栽培している横輪芋は、スクスクと育っていますヾ(´ε`*)ゝ
それと同時に雑草ボーボーですΣ(゚д゚;)

次回は草抜き作業だな。
20100530_ca390014

20100530_ca390015

| | コメント (2) | トラックバック (1)

地域活性化とは?

こんにちはヽ(´▽`)/
ワクワク7 です!

楽農村活動を通して、ず―――と「地域活性化って何だ?」と疑問に感じていた。

伊勢市は特には観光がメイン。
当然、観光地として栄えれば街も活気付く。
でも第一段階では、観光関連事業をしている人だけ。
特産品が売れても、その会社だけ。
勿論、そのおかげで雇用も少し増える。

楽農村がやっている里山活性化も里山だけ。
街中の人たちには、一部の自然を愛する人たち以外は興味が無いこと。

地域全員が活性化するのはありえない。

しかし底上げすることは、可能なのではないのか?と常日頃から考えていた。

今朝、ひらめいた!!(゚ロ゚屮)屮

詳細は、まとまっていないので書き切れないけれどヒントがみつかった。

そのまんまの「みんなで」だ。

全員が活性化するわけでは無いのに、ヒントが「みんなで」だったのだ。

このヒントに辿り着くまで小俣町商工会青年部活動や勉強会から始まり、勢農会、美し国おこし・三重や各講演会参加や人に会いに行く作業、何気ないテレビや雑誌の地域活性化情報を全部通して「みんなで」のヒントに巡り会った。

それをどういう風に行動に移すのか、具体的には分かっていない。
でも「みんなで」のヒントが、方向性を示してくれている。

ああ、どうしよう。
ワクワクが止まらない!(/ー\*)

何気ない小さな活動を重ねていくことで「みんなで」の大きなウェーブを完成することが出来ると確信しちゃいました。

細かい楽農村活動を遠くの視点から見ていて下さい。
数年後に大きな「みんなで」というパズルが完成しますから(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アバター」から学ぶもの

こんにちは。ワクワク7 ですヽ(´▽`)/

昨夜、慎ちゃんに用事があって会うことに。
そのまましばらく楽農村について話こんでしまいました。

話が飛ぶようですが、先日話題の映画「アバター 」観ました。
自分的に映画館で観た映画の中で、一番見応えがありました。
Main_large

この映画の一番の成功要素は、ジェームス・キャメロン監督の確固たる「ビジョン」と「方向性」だと感じました。

脚本には詳細に、その星(惑星パンドラ)の様子が説明されていたそうです。
そして出演者やスタッフが、監督に質問すると惑星パンドラを全て知り尽くしていると表現しています。

生存するクリーチャー、そこにある植物はもちろん、空気の質までも。
だから映画「タイタニック」同様、今回の映画「アバター 」も観た人みんなが自分もタイタニック号に乗っている気にもなるし、惑星パンドラに行った気分になるんだと思いました。
だから映画に対して「実感」するのだと思います。
115_130_x5f_large

「ビジョン」と「方向性」。
これは楽農村活動に一番の重要ポイントとなります。

「ビジョン」=目的地。

「方向性」=手段。道順。

ビジョンがしっかりとしていなければ、向かう方向が違ってくる。
特に誰も行ったことのない場所へ行くのだから尚更だ。
誰も行ったことも見た事もないものを細かく知る(想像する)ことが必要となります。
「リアル・ビジョン」です。

目的地まで飛行機で行くのがベストなのか、車なのか、電車なのか、船なのか、自転車なのか、歩きなのか。
海を渡って行くのか、山を越えて行くのか。

一年以上、楽農村活動をしているとどうしても全員にズレが生じてきます。
経験したがゆえの既成概念も発生してくるからです。

でも昨夜の慎ちゃんとの話し合いの中で、何も心配することはありませんでした。
各自捉え方は少しは違うかもしれませんが「衣・食・住・アート」の考え方には変わりありませんでした。
慎ちゃんは、まだそれに進歩させ「ユーモア」までプラスしていました。

また今流行りの「観光農業」ではなく「観光農村」であることも理解し進歩させていました。
そしてこの「衣・食・住・アート」村の先にある深い意味までも理解していました。

僕ら楽農村は、一年以上活動をしてきて「ビジョン」と「方向性」にブレやズレは無いようです。
ひとまず安心しました(ノ∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラベラー西井ではなくてワクワク7 です(゚▽゚*)
お姉さんごめんなさい(ノ_-。)

ワクワク7 って、意外と凹(へこ)みやすい人間なんです。
ペンネームワクワク7 なのに・・・。
凹理由の大半は、凄い人と会ったり、その人の噂を聞いたり見たりした時。

凄い人って周りに沢山います。
凹凹(ボコボコ)になります。

改めて楽農村メンバーを見ても、凄い奴らばかりで凹みます。

慎ちゃんは、昨日も庁舎に行って色んな申請をしたり、まだ追加で取得したりと行動力や実行力が凄いんです。
※詳しい内容は、たぶんブログに書き込んでくれると思います(*^ω^*)ノ彡

スモーカー小林も得意なのはパソコンだけではなくて、各方面の情報通だし、何事にもこだわり過ぎるぐらいこだわって結果を出してくるし。

昨夜、急遽トラベラー西井の予定が空いたので楽農村HPの打ち合わせをしたのですが、やっぱり彼も何気に凄い!
HP作成についてのPCソフト情報もよく知っているし、見やすいHPパターンもよく気付くし、トラベラー西井と言うだけあって楽農村活動で必要な地方情報満載だし。

昨日、電話で話合っていた「伊勢 稲作学校」校長の大仲さんも長年、伊勢市民に農業指導をして来て農業の厳しさ楽しさを教え続けているし。

ワクワク7 なんて突拍子もない夢で周辺の人たちを巻き込んだりとか、熱血おしゃべりだとか、ブログ長過ぎるとか、夢語るの大好きだとか、凹んでもワクワクしてる変人だとか・・・。
みんなの役に立てるところが見つかんない・・・。

でもこんな凄い人たちに囲まれているワクワク7 は超幸せ(*´v゚*)ゞ
恵まれ過ぎている。
わくわくし過ぎて恐くなる。

あっ!w(゚o゚)w
だからいつもワクワク出来るんだ!

もう立ち直った!

これで今日もワクワク全開だ!(≧∇≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わくわく未来

いつも少し遅れてのブログを書くワクワク7 です(ノ∀`)

日曜日の昼過ぎ、たままさんから携帯に連絡がありました。
結果内容は残念でしたが、わくわく未来に繋がる話でした。
彼は今年30歳なんですが、凄んごい才能を持った人なんです!
僕が言うだけではなくて、同じ内容を他社の社長さんからも言われるそうです。
たままさんは、今の会社でも十分活躍しているんですが、やっぱり自分自身での一歩を踏み出して欲しいです。
こんなことを言うと「人ごとだと思って無責任な・・・」と思う人もいるかと思いますが、会って話をしたら必ず「今のままでは、もったいない!」と感じる人なんです。
若くて、たくさん考えいて、気付きの多い人なので尊敬します。

そしてその後、図書館に行った時に小俣町商工会局長Mさんと偶然会いました。
10分ぐらい話している間、とてもワクワクしました。
そして楽農村活動での壁について、自分から相談することによって色んな解決策のヒントが見つかってきました。
分かっていたことをもう一度言葉に出して話すことによって、自分自身の中に解決策があることにも気が付きました。
Mさんは、今月末頃まで出張らしいのですが、帰って来たら又話し相手になってもらいます(≧m≦)

最近、自分がムカつくことや動揺することには、自分自身を進化するメッセージが隠されていることに気付きました。
これは反面教師なんですよね。
以前、国立ファーム(有)の高橋がなり社長がコメントしていました。
『反面教師は最良の教師なんです。「立派だと思う人になりたい」と思い、近づく努力と「こんな人になりたくない」と思い、離れる努力は同じ方向を向いています。立派な人は結果が立派なのであって、その前に長い過程がありました。この過程を理解せずに早急に近づこうとすると結果を焦り「ヤッパリなれない」という挫折をしてしまいます。
一方の反面教師は、同じ行為をしないだけで自分を高めるという結果を出すことができます。簡単にいうと「できるようになる」という努力よりも「しない」方が楽チンなんです。』
怒ったりムカついたり動揺したりする自分は、器が小さいなぁ~と感じていたのですが、いろんな人との会話で「反面教師」の話を思い出しました。
そうすると器の小さい自分は、器を大きくできる自分の成長の余地があると思うと、自分の未来にわくわくしてきました(゚▽゚*)
話をするという行為は、自分の引出しを「引き出す」という行為なので、整理整頓も話すことで出来るんだと思いました。
このブログを書いて読み返している間でも、たくさんの気付きがあって、更にワクワクしています;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (0) | トラックバック (0)